2015.09.02

あなたももしかして…?恋愛依存女子が陥りがちな失敗パターン・4つ

「恋愛していなくちゃ生きていけない!」というほど恋愛依存のかた!…と言っても自覚がない方が多いと思います。

そこで程度の差はあれど「恋愛依存だったことがある」という女性に「恋愛依存女子が陥りがちな失敗パターン」についてインタビューしてきました。これに当てはまっているなら、あなたも恋愛依存かも?

1.付き合っている相手を大切にできない

「恋人が途切れるというのが想像できない。
だから彼がいても常に次の候補を探している状態でした。でも振り返ってみて、今はそれだといつまで経ってもなかなか幸せになれないなぁと思います。」(25歳/飲食)

恋愛依存だと恋の相手がいなくなるのが怖いので、付き合っている相手がいたとしても、少し仲が悪くなると次を探そうとしてしまうよう。

そのため、付き合っている相手を大切にできず、恋が長続きしにくいようです。

2.幸せすぎてもNG

「恋愛の醍醐味はあのドキドキだと思うんです。だから長年寄り添った夫婦みたいな安定は求めてないです。
幸せすぎると他の男性を捜したり、ちょっと自分から何かトラブルをしかけちゃうところがあるかも。」(27歳/事務)

恋愛依存女子は恋愛をするのが好きなので、「円満夫婦」のような関係よりも「ドキドキ」することを重視している傾向があります。

そのため、あまりに彼との仲が平和すぎると他の男性やドキドキするトラブルを求めてしまう傾向があります。

3.相手のことが好きかわからない

「とにかく好きな人がいてドキドキしていたいので、暇つぶしに人を好きになっている感じでした。
だから、本当に相手のことが好きなのかと聞かれてもわからない。で、熱しやすいから冷めやすくて、すぐに別れてました笑」(26歳/美容師)

好きになるハードルが低いため、付き合うことになってもドキドキ期間が終わると本当に好きなのかわからないという事態に陥りがち。

そうなると別れも早く訪れてしまいます。恋愛のドキドキを味わいたいだけなのか、本当に相手のことが好きなのかはしっかり見極めましょう。

4.同じコミュニティに元カレがいる

「すぐに人を好きになっちゃうんですよね。だから、私が属してきたところ…クラスとか研究室とかサークルとかにはだいたい元カレがいる環境になっちゃう…」(22歳/学生)

恋愛依存女子は、近くにいる人を好きになってしまうことも多いので、そうなるとサークルや会社など同じコミュニティに恋人ができることは多々有ります。

が、長く続かないことが多いので、同じコミュニティ内に元カレがいるという事態が多発。
そういった噂は広まりやすいので、なかなか他の人と恋愛しにくくなります。同じコミュニティに属している相手と恋に落ちる時には慎重にいきましょう。

おわりに

当てはまっているのが1つでもあったかた、要注意です!恋愛は楽しいものですが、依存してしまうと辛いだけでなく、周りまで巻き込んで悲しいことになってしまう可能性もあるので、気をつけましょう。

(栢原 陽子/ライター)
(長谷川万射/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)
関連キーワード

関連記事