2015.09.07

私はどんな恋をするの?!数秘術で見る恋愛傾向


数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

例)1981年2月16日→1+9+8+0=18 1+8=9 2はそのまま 1+6=7 9+2+7=18 1+8=9 よって、1980年2月16日生まれの人の数字は9になります。
ただし、年月日の足し算のときに「11」または「22」になった場合は特別な数字なので、そこで計算を止めます。

そこで今回は、数秘術から導く恋愛の傾向について見てみましょう。あなたはどんな恋愛をするタイプなのでしょうか?

1・3・8・9の人 個性がイキイキとする恋愛

どの数字の人も自分の持つ個性を大事にしてくれる人と付き合う恋愛傾向にあります。特に1と9の人は自分の個性もそうですが、相手の個性も大事にできるでしょう。その結果、二人の個性や意思が非常にイキイキとした恋愛ができることでしょう。また3と8の人は、周りの人が持つさまざまな個性に興味を強く持つタイプ。次々と相手を変えて自然と恋愛の回数が多くなることでしょう。でも、自分のプライドが高い部分もあるので、本気の恋の回数は少ないことがあるかも。

2・4・11・22の人 心のつながりを大事にする慈愛の人

どの数字の人も信頼や心のつながりを大事にする恋愛傾向にあります。2と11の人はロマンチックでセンチメンタル。恋愛に癒しをとても求めているので、心のつながりが確認できる安心した恋愛を好みます。4と22の人は信頼の絆で固く結ばれた恋愛を好む傾向にあります。また、すべての数字の人が恋愛を人生のエネルギーにしているタイプなので、やや依存的になってしまう場合もあります。恋愛にのめりこみ過ぎないように注意してくださいね。

6の人 愛情深き愛の使者

6の人は人の喜びを自分のことのように感じられるので、相手に対して尽くす恋愛傾向があります。それは愛情が深くなればなるほど強くなり、自分が甘えたくなるのを抑えてでも相手に尽くしたくなるでしょう。ただ、尽くしていくうちに相手に対して強い独占欲がわいてきてしまうこともあります。なので、相手と別れたとしてもそれでも尽くしてしまうなんてことも…。尽くすのも、独占するのもほどほどにしましょうね。

5・7の人 友情と恋愛の狭間でゆれる想い

どちらの数字の人も友人からスタートして恋人へと発展していくタイプの恋愛傾向にあります。ただ、5の人はなんとなくずるずるとした関係になりやすく、付き合いの線引きが難しい状態に落ち入りがち。また、5の人は異性にモテやすく、惚れっぽいところがあるので友達以上恋人未満のような関係の人が何人も…といったことになってしまうかも。一方7の人は友情を大事にしすぎて恋のチャンスを逃したり、幼なじみのような感覚で、恋愛へと変化させるのをためらってしまう場合があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。あなたはどんな恋愛の傾向にありましたか?

どのタイプの人も長所短所あると思います。しかし、自分の恋愛傾向を知っていれば、恋愛をしたときにベストな対応をすることができるでしょう。
自分の恋愛傾向を知って、是非良い恋愛を楽しんでくださいね。
    
(脇田尚揮/ライター)
関連キーワード

関連記事