2015.09.05

幸せな女になるために。日々意識したい「いい女習慣術」とは?

もう少し、充実した日々を送りたい。そんな風に思っているあなた、9月は新しいことを始めやすい時期と言われています。

新学期や新たなスタートと同時に、もう少しだけ幸せな女性になる。そんな風に決めてみてはいかがでしょうか?

今回は、幸せな女になるための、ちょっとした習慣術をお伝えします。

1.1日3回感謝する

「ありがとう」の言葉には運気をあげる力がある。なんていわれることがあるくらい、感謝の言葉は私たちを幸せにしてくれるということをご存知でしょうか。
感謝することで幸せになれるということは、実は科学的にも証明されています。

ペンシルベニア州の大学では幸福感についての論文が発表され、人生のうちで、どれだけ感謝できたかが人の幸せを決めるということが明らかになりました。
1日3回以上「ありがとう」という人は、特に幸福感が増すということがわかっています。

ありがとう、と口にする習慣が増えれば、ありがたいという視点が次第に身に付き、今まで気づかなかった「ありがたさ」に気づくようになることができますよ。
1日3回感謝して、幸せな女性になっていきましょう。

2.『こわれないもの』を買うこと

幸せになる方法として、ものを買うのではなく、経験を買う方が幸せになれるということがわかっています。

これは、アメリカの大学で明らかになったことですが、例えば、高価なブランド品を買ったとすると、その瞬間は一時的に幸せになれるものの、時間が経つとまた別の商品を欲しくなってしまう、ということが起こってしまいます。

一方、知識や経験にお金を使った場合、物理的なものを買うよりも幸せになることがわかっており、さらに、その知識や経験で、より人生を豊かにすることができるのです。

高価なバックを買うくらいなら、習い事や、旅行や新たな体験、経験を選んで、さらにすてきな人生を歩んでいきたいですね。

3.ハグすること

ハグが大切だということは、私の著書やTwitterなどでも、よく発信してきました。
ハグすると幸せホルモンが分泌され、癒し効果もあるので、不安な心やいらだった気持ちも落ち着き、幸せな気持ちにしてくれるのです。

そして最近の研究では、こんな興味深いものがあります。クレアモント・グラヂュエイト大学の研究によると、1日8回ハグすると、毎日幸せに暮らせるというものです。

生物学的にいえば、人間は皮膚のふれあいを楽しめる体毛の薄い動物でもあり、身体がふれあうことで、人の温かみや、安心感を得られるのです。
日本人は、なかなかハグする文化がありませんが、大切な人とはたくさんハグをするようにしてみてくださいね!

4.少しの運動をすること

忙しい日々の中で、運動するというハードルは、なかなか高いもの。運動をせずに、どうやってダイエットできるのか、と考える女子が山ほどいるほど、運動は嫌われ者かもしれません。
運動が健康やダイエットに良いとわかっていても、準備が大変だったり、時間がなかったり、ジムへ行くお金がなかったり…。

でも、ほんの少しの運動をするだけで、気分が明るくなり、仕事の効率も上がることがわかっているのです。
運動不足になると、ネガティブになりやすかったり、不満を感じやすかったり、怒りやすくなるということもわかっています。

まずは、お風呂上がりのストレッチや、朝起きてから深呼吸をするなど、本当に軽いことからでも身体を動かす習慣を付けていきましょう!
それが、よりご機嫌でデキる女になる一歩になります。

おわりに

いかがでしたか?どれも、意識すれば簡単にできる自分磨きです。ぜひ試してみてください!

(いい女bot/ライター)
(長谷川万射/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事