2015.09.13

次に流行るオイルは「馬油」?!馬油の魅力を先取り!


みなさんは「馬油」と言う言葉を耳にしたことはありますか?馬油は、馬の脂肪から採取した油のことを言いますが、実は今、人の皮脂ともっとも近い天然の保湿オイルとして、この馬油が注目を集めているのです。そこで今回は馬油の魅力について紹介してまいりますね。

馬油が美容大国「韓国」で流行中!

古来より多くの女性に愛されてきた馬油ですが、今、美容大国「韓国」ではこの馬油がブームとなっているのです。韓国人の女性はファンデーションなどで塗ってカバーするよりも、素肌を美しくするスキンケア用品にこだわっている人が多いようです。

そんな中、韓国の人気女優イ・ハニさんが「エステに行ったような肌になる」とテレビで紹介したことが後押しとなり、韓国では馬油がブームになったようです。その後、韓国のスキンケアメーカーもこぞって馬油のコスメを発売し始めたのだそう。以前カタツムリや毒蛇も韓国で流行りましたが、最新版として、今は馬油が注目されているのですね。

馬油を使用することで得られる美容メリット

古くから肌荒れや切り傷、やけどの薬としても使われてきた馬油ですが、美容効果としては肌のキメが整ったり、肌にハリが出ることで知られています。
ほかにも、馬油は抗酸化作用に優れているのでニキビ防止にも役立ちますし、スキンケアの前に使用すれば他の化粧水や美容液などを入りやすくしてくれるブースター的な効果もあるのです。つまり、馬油は一つで何役もこなしてくれる優れものと言えるでしょう

また、人のもつ皮脂成分の構成と非常に似ている馬油は、「肌馴染み」や「浸透力」が非常に優れています。そのため、馬油テクスチャー自体はベタついているのに、肌に塗るとすぐにサラサラとした質感になるのも魅力の一つです。

馬油の魅力を引き出す使い方

洗顔後、馬油を使うだけで十分! という方もいらっしゃいますが、洗顔後に馬油をつけ、その後、いつものスキンケアを行うとその後に使用する化粧水や美容液などの浸透を高めてくれるのでオススメですよ。

馬油を使用する際は、洗顔を終えたら馬油を二、三滴手に取り、手をこするようにして、馬油を温めてください。こうして温めることで、肌により浸透しやすくなり、しっとりとした仕上がりになりますよ。
馬油を人肌まで温めたら、手で顔を覆うような形で押し込むようにして付けていきましょう。理想は、5秒かけて押し込んで、5秒かけて手をはなしていく事です。
場所を、少しずつ手の位置を変えながらこの方法でつけていくと、より効果的に馬油を肌に浸透させることができますよ。そしてその後、通常のスキンケアを行ってみて下さい。

おわりに

今はココナッツオイル、オリーブオイルなどのオイル商品が美容に良いと流行中ですが、次に流行るオイルは、馬油だと言われています。きっと、お肌の強い味方になるはずなので、ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

(大野えりか/ライター)
関連キーワード

関連記事