2015.09.15

夏だけじゃない!ビューティフルーツ・スイカは1年中食べよう!


朝晩涼しい日々も増えてきましたが、日中の日差しはまだまだ夏ですね。暑い日に食べたいフルーツと言えば冷え冷えのスイカで。ところでご存知ですか?スイカって熱中症予防から美肌効果など美容健康にものすごい効果があるフルーツなのです。イメージは夏のフルーツですが、スーパーなどではカットフルーツとして一年中食べられます。是非、スイカ効果を確かめてください。

1.熱中症対策

スイカは90%水分です。スイカにはその水分だけでなく、「糖分」や「カリウム」、「カルシウム」などミネラル成分、「ビタミンB」、「ビタミンC」などのビタミン類が豊富にも含まれているので、熱中症対策には最適な食べ物なのです。そこに塩を少々かけて食べると、スポーツドリンクと同じような効果がでるそうです。水分は熱中症の予防に重要といわれていますが、暑い日は水を飲むよりスイカを食べる方が、水分やミネラル分も同時に取ることができ効率的なのです。

2.冷え、ムクミに効く

スイカには「シトルリン」というアミノ酸の一種の成分が含まれています。
実はこの成分が血管を拡張し、体内の血流を改善するとともに、体内の活性酸素も分解する効果があるのです。これにより、手足のムクミや冷えを改善することができます。「シトルリン」には血流の改善効果があることから「薄毛」や「動脈硬化」の予防も期待できるようです。

3.美容効果

スイカには新陳代謝を促し肌の健康を保つ「ビタミンA(B-カロテン)」や、老化の元である活性酸素を除去する「リコピン」が豊富に含まれています。よく「リコピン」と言えばトマトを想像する方も多いと思いますが、実はスイカにはトマトの約1.4倍もリコピンが含まれているそうです。さらには、シミやシワの予防に効果のある「ビタミンC」も豊富に含まれているので、スイカは美容に欠かせないフルーツなのです。

4.ダイエット効果

スイカは糖分が多いので太ると思われる方は多いと思うのですが、実はダイエットに最適なのです。水分が90%のスイカのカロリーは、わずか「37kcal/100g」しかないのです。これはゴボウ100gと変わらないカロリー。しかもほとんどが水分なので満腹感も得られるため、ダイエットにはもってこいなのです。更に「食物繊維」も豊富に含まれているので、排泄を促す作用があることから便秘気味の方にもお勧めの、まさに万能フルーツです。

おわりに

どうですか、みなさんスイカパワー見直しましたか?1日200g程度食べるのがお薦め量だそうです。しかも朝スイカがお薦めです。睡眠中に失われたブドウ糖と水分を一緒に補う事ができ、朝から頭がシャキッとします。是非、朝の食卓にスイカを加えてください。

(下山一/ライター)
関連キーワード

関連記事