2015.09.17

意外となれちゃうかも?!サロンモデルになる方法4選


こんにちは。突然ですが筆者は学生時代からサロンモデルをしていました。サロンモデルになると、美容室代が浮く、美容師さんから美容業界の話が聞ける、かわいい他のサロンモデルさんたちと仲良くなれる、トレンドが掴める、雑誌に載れる…等々メリットがたくさんあります。でも誰でもなれる訳じゃないんでしょ?と思っているそこのあなた!実はサロンモデルには「なり方」があると私は思っているのです。そんな秘密の方法を、美容師さんへのインタビューと共にご紹介したいと思います。

1.自分磨きを「ある程度」頑張る!

「美意識がない子にはまず目がいかないかな…」(26歳)

初っ端から身もふたもない話で申し訳ないですが…サロンであろうと「モデル」になる訳なので、誰でも自分磨きは必須!ダイエットや自分をかわいく見せるメイクを、友達と一緒にでも雑誌を参考にしながらでも、まずはやってみましょう。でも実は、サロンモデルに「痩せてること」はそんなに重要ではないように感じます。なぜなら、サロン撮影のときはほぼ胸から上しか撮らないからです。ガリガリになる必要はありませんが、顔がはっきりする(顔のお肉を減らす)ようなエクササイズをするなどのダイエットがおすすめです。

2.とにかく一回美容室に行く。そしてできれば撮影してもらう。

「お店に協力してもらう、という意味では練習モデルも撮影モデルも同じく有難い存在。練習モデルで来ていただいても、必ずかわいくして帰します!(笑)」(24歳)

美容室へとにかく行くことが、サロンモデルに直結すると思っています。何を隠そう筆者は大学1年生のときにSNSで募集していたパーマの練習モデル(撮影なし)に応募し、もちろん選考なしで練習台をさせてもらいました。そのときの美容師さんがアシスタントからスタイリストになったとき、撮影に呼んでもらったことが初・サロンモデルだったのです。そしてこの撮影の帰り道に、ほかの美容師さんの方々から声を掛けられてお仕事をもらいました。「撮影帰り」だというのは、ヘアスタイルやメイクで美容師さんは大体わかります。最初は練習モデルでも、そこから撮影に繋げてみましょう。

3.東京なら表参道、地方なら主要駅に出没する。

「顔立ちが整っていることも重要だけど、今っぽいメイクやヘアスタイルが映えるか、というのもすごく大切です。」(28歳)

美容室の帰り道など、トレンドのヘアスタイルにメイクをしていれば、少なくとも美容師さんの目には留まります。特に東京では表参道にたくさんの美容師さんがモデル探しをすべく毎日道に立っています。東京に住んでいる人ならば、アルバイトを表参道にしてみるなど、その近辺に行く用事を増やしてみてはいかがでしょうか。地方でも、主要駅では表参道や渋谷とはいかなくとも、モデル探しをしている美容師さんがちらほらいます。

4.サロンモデルの友達に紹介してもらう!

「何度もサロンモデルちゃんに友達を紹介してもらってます。(笑)撮影は初めてという子でも、ヘアメイクは完璧にするので任せてください。」(28歳)

1はできたけど、2~3が難しすぎる…!という方。最後の頼みの綱は友達です。サロンモデルをしている友達に頼み込みましょう。その友達が優しい子なら、アドバイスをくれたり、モデルを募集している美容室を紹介してくれたりすることでしょう。実際に私も、美容師さんからの依頼もあり友達を何人もサロンモデルとして紹介してきました。意外とサロンモデルって友達にいたりするので、友達の友達、ぐらいまでを範囲にして探してみてはいかがでしょうか。

おわりに

以前「サロンモデルのなり方」について友達から質問されたり、ブログをやっていたころに読者の方から質問されたりしたことを思い出し、今回記事にしてみました。今までサロンモデルになることなんて考えたことなかった方は、そんなこと無謀だと思ってしまうかもしれませんが、美容師さんが毎日たくさんモデル探しをしに外に出ていることから、そこに需要があることはたしかです。何より私は、サロンモデルの最大のメリットは「自分の魅せ方」がわかることだと思います。これは恋愛にも必ず活かせます!ぜひ、無理と決めつけずチャレンジしてみてください…!

(金城凛子/ライター)

関連記事