2015.09.18

私に限ってそんなことはない?数秘術でみる「浮気されるパターン」


数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

例)1981年2月16日→1+9+8+0=18 1+8=9 2はそのまま 1+6=7 9+2+7=18 1+8=9 よって、1980年2月16日生まれの人の数字は9になります。ただし、年月日の足し算のときに「11」または「22」になった場合は特別な数字なので、そこで計算を止めます。

そこで今回は、数秘術から導くあなたがどれくらい浮気されやすいか見てみましょう。あなたは果たして浮気されやすいのか?

1・2・6・8・11の人 自分に原因あっての浮気です

この数字の人は、我が強く相手の意向を無視してしまう傾向があります。1と6と11の人は恋愛に積極的だけれど、自分の意志を押し付けすぎて相手を疲れさせてしまいがち。情熱的なのもいいけれど、時には相手のペースにあわせてあげて。2と6の人は相手に対してとても尽くすのですが、その従順さをなめられてしまい浮気されてしまう傾向にあります。時には強気に出て、相手を威嚇する必要があるかもしれませんね。

3・4・9の人 浮気はされるものではない、するものよ

この数字の人は自分に相手がいても、自ら浮気に走るタイプです。3と9の人はより良い幸せが欲しくて浮気してしまいます。今の相手にどんな理由であれ、なにかしらの不満があるとついより良い相手を探して浮気に走ってしまうでしょう。4の人は経済力を重視するタイプです。そのため、お金の目当てでリッチな年上を相手に不倫をしてしまうなんて可能性も…。

5・7の人 浮気をしない・させない・許さない

この数字の人は物事を固く考え、浮気を許さないタイプです。5の人は持ち前の社交性を生かし、相手の望む形に合わせることができます。その結果、相手はつねにあなたに満足し、浮気をしようとなんて考えません。また、7の人は付き合う前に相手を冷静に分析して選びます。なので、浮気されるような相手を選ぶことはまずありません。

22の人 多少の障害なんて気にしない

22の人は姉御肌で人に対してとても寛大な態度でいるタイプです。それは好きな人に対しても変わらないどころかとても強くなります。そのため、相手が浮気をしたとしても一度や二度くらい笑って許す度量を持っています。また、相手に冷たくされてもあきらめない粘り強さを持ってるので、たいていの恋愛を成就させてしまうパワーを持っています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。あなたはどのタイプでしたか?
浮気はしてもされても気持ちの良いものではありませんね。ですが、自分の浮気の傾向がわかれば未然に防ぐことができるでしょう。また自分だけでなく、相手の浮気パターンがわかれば防ぐことは確実ですね。
この結果を参考に、いつでも二人で笑い会えるそんな素敵な恋愛を送ってくださいね。

(脇田尚揮/ライター)
関連キーワード

関連記事