2015.09.12

ヒステリーな女はいやだ!男の子を遠ざけないストレス管理法

男の子って、女の子のヒステリーには困ってしまうもの。
これまでの取材の中でも、彼女が激情したり、イライラしているとどうすればいいかわからない……という彼氏の声がたくさん。

そこで、彼氏とのケンカが少ないという女子に、ストレス管理の方法を聞いてみました!

1.彼氏以外の男の子ともデートする

「彼に一途になっちゃったら、いろいろ求めてしまうから、分散させるためにつねにデートできる人を何人かつくっておく」(IT系OL/27歳)

「彼氏にイライラしたら、違う人とデートして発散」(アパレル販売/25歳)

「重くならないように二股してます」(大学生/22歳)

女の子の怒りは、ときに愛情からくるものですよね。
彼以外の人とデートしたり、1人にしぼらないことで、愛情を軽めにたもっている女性が以外と多いようです。

彼氏のためになっているのか、いないのかわかりませんが、大切な人と仲良くしていられるなら、これもありでしょうか。

2.怒りをしずめる工夫をする

「イライラしたら後ろ向いて変顔する!そしたら怒りがおさまる」(翻訳/24歳)

「トイレにかけ込んでひとり言でグチる。怒りをぶつけて受けとめてくれるような大人な彼じゃないから」(エステサロンスタッフ/25歳)

イライラしないわけではなく、わいてきた怒りをなんとか抑える努力をしているという声も。

とっさに感情的になって怒ってしまったら、男の子がひいてしまうだけ。ケンカ別れしちゃうくらいなら、工夫して冷静に話し合える状態にするのが正解かもしれませんね。

3.生理前からしばらく会わない

「男にはわからないだろうけど、なにもなくても辛いときが女にはある。わかってもらえないと余計につらいから生理付近は会わない」((広告・ディレクター/31歳)

「PMSがひどいので、生理前はなるべく彼氏との予定を入れないようにします」(大学4年生)

ヒステリーになりたいわけじゃないけれど、生理前後で冷静になれないときってありますよね。

じぶんも相手も不愉快になってしまわないよう、PMSや生理痛が重い人は、デートの日を管理しているようです。

4.日ごろからじぶんを満たしておく

「ヘアケアやネイルを怠らないで、ふだんからじぶんを満たしておくこと」(広告・プランナー/30歳)

「2週間に1回はオイルマッサージにいってます」(マーケティング/28歳)

「ストレスが溜まっていたらケンカしやすくなるので、ちょっとでも余裕がなくなったら日帰りでもいいから旅行します」(家事手伝い/28歳)

日ごろからじぶんを満たしていることが、心の余裕につながります。

仕事や恋愛だけじゃなく、美容にメイクにファッションに……女の子は考えることがいっぱいですが、忙しいなかでも、じぶんのココロとカラダに耳を傾けることが大切ですね。

おわりに

ストレス管理をしていても、ホルモンバランスが崩れてしまって、ついつい怒りがわいてくることもあります。

とっさのときは、変顔をしたり、トイレに駆け込んでブツブツつぶやいてみると、彼の前でヒステリーな姿を見せるのを避けられるかもしれません。
他の人とのデートはリスクもあるので、安易に試さない方がいいかも!?

(かみむらゆい/ライター)

関連記事