2015.09.12

ソレやったら友達激減!?ムカつく恋のSNS投稿4選

「うわっ、何これ、ウザッ」
SNS投稿は眺めて楽しめるものですが、中には「コレはちょっと……」と思ってしまうものもありますよね。

このたびハウコレが行ったアンケート「Q. ムカつく恋のSNS投稿、見たことある?」では、83.9%もの女子が「ある!」と答えました。イラッとさせる投稿の中身を早速見てみましょう。

1.頻度が高すぎる

・「たまにならいいけど、デートの写真を頻繁にあげるような投稿。ほっこりもしなくなる」(22才 / 女性 / 大学生)

・「毎日何回もつぶやく彼女(彼氏)へのラブレターのようなつらつらとした内容のもの。 ○○大丈夫かなぁ〜、今日は暑いから心配だ!とか、○○ちゃんとお昼食べたかなぁ〜とか。
あまりにも頻度が高いので、直接ラインでやれやって思いました」 (18才 / 女性 / 大学生)

……女子がいちばん嫌がる「恋愛系投稿」がコチラ!
毎日何回もデート状況や交際情報を押し付けられればウンザリして見たくなくなってしまいますよね。

特に付き合い立てで喜びを隠せない浮かれたカップルにこの手の“頻度高すぎ”投稿が目立つようです。彼氏出来立て女子は「私も気を付けなきゃ!」と意識したいものですね。

2.ポエム系ツイート

・「ポエムの画像だけを載っけるやつ。『 は?何がしたいの?』って思っちゃう」(16才 / 女性 / 高校生)

・「空とか建物だけの写真に 『大好き。今日もありがとう』 だけ書いてあるポエムみたいなやつは本当に投稿する意味が分かりません(笑)」(19才 / 女性 / 専門学校生)

……この手のポエム系ツイートに鼻につくのは、他人の言葉を借りてしか表現できない浅はかさと「こんな素敵な文章がわかる感受性豊かな私」というナルシシズムが二重に透けて見えるから……。誰かのキャッチコピーや格言を引用してもすぐバレるもの。

またせっかくの名言もぶつ切りにしてしまうと意味のわからないものになりがちです。思いを語るならば、つたなくても自分の言葉で話すようにしたいものですね。

3.ネガティブ・病みツイート

・「彼氏に対して嫌なことがあるとすぐ悪口をアップデートする。でも彼氏と良い雰囲気になるとすぐ大好き、ずっと一緒とつぶやく」 (23才 / 女性 / 学校・教育関連)

・「彼氏と喧嘩する度にアイコンの画像変えて、プロフィール欄も全部消して、ネガティブツイートに加えて失恋botの大量RTをする子がいるけど、TL荒れるしもう皆呆れてミュートしてる(苦笑)」(17才 / 女性 / 高校生)

……誰だってネガティブな気をぶつけられるのはイヤなものです。

それがその子の気分次第で、ある時は「彼大好き!」ラブラブツイート、またある時は思わせぶりな「私なんていなくなっちゃった方がいいんだ~」という“構ってちゃん”ツイートだったりしたら……たまったものではありませんよね。

感情の起伏の激しさはあまり投稿し過ぎないほうが友達を失くさずに済みそうです。

4.記念日系ツイート

・「Twitterで『付き合って◯◯ヶ月』ってやる人無理。だから何?って思いますね 」(17才 / 女性 / 高校生)

・「いちいち何ヶ月記念日とかを報告してくる。こっちはそんなことどうでもいいのに」 (15才 / 女性 / 高校生)

……今回女子のあいだでとっても評判が悪かったのが、この「○○カ月記念日」系ツイート!

あなたと彼にとってはとても神聖な日で、周りにもそれを広めてしまいたくなる気持ちは分かりますが、「他人にとっては何の意味も持たないタダの日」でしかないということを忘れないようにしましょう。

最後に神崎桃子から愛のメッセージ

「お世辞にも可愛いと言えない女の子とかっこいいとは程遠い男の子カップルがちゅーしてる写真とか、デートの写真をムービーにしてアップするの見てて辛い。
周り見えてないんだなて思う」 (22才 / 女性 / 学校・教育関連)

“ムカつく恋の投稿”をまとめると、この女性のひとことに尽きるのではないでしょうか。
「投稿するほど自信があるのか?」「目にしたくない周りの気持ちも考えてほしい」という思いです。

もしもあなたと彼氏が芸能人やモデル並のずば抜けた容姿とスタイルを持っているのならば、好意的に受け止められるかもしれません。

けれどほんの少しでも自信がないのならば、あなたと彼と二人の思い出は互いの内だけに留めておいたほうが、周囲を不愉快にさせず、かつロマンチックなものになるでしょう。

ラブラブ投稿前はむやみやたらにUPせずに
「コレを見たら皆ほっこりするかな?」
と一呼吸おいてから楽しい投稿を心がけましょう!

(神崎桃子/ライター)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事