2009.12.20

ただ読むだけじゃもったいない!もっと便利にRSSをつかいこなす方法

みなさん、RSS使ってますか?配信されているものを登録してそのまま読むのもいいですが、それを少し加工してさらに便利に使ってみませんか?
ここでは、全文配信していないものを全文取得するやり方、特定のキーワードでフィルタリングする方法、そしてRSSを配信していないサイトの更新情報をRSSにする方法などを紹介します。


全文を取得する

RSSを読んでいて、「以下へと続きます」や「詳細は以下にて」などの文句で内容が切れていると、なんだか少しめんどくさいですよね。こういう場合は全文を読むには配信先のURLに飛ぶ必要がありますが、RSSを加工すれば全文配信させることができます。
ここではまるごとRSS(http://mrss.dokoda.jp/)というウェブサービスを利用します。
使い方は一目瞭然ですがフォームにフィードのURLを入れるだけです。なお、対応していないサイトもあります。(Wiredなどは未対応でした。)


フィルタリングする

フィルタリングを使えば、特定のキーワードで絞り込みしたものだけ配信することや、NGキーワードを設定して、その単語を含んでいる場合はその記事が配信されないようにすることができます。
ここではSmartFeed(http://smartfeed.openvista.jp/)というウェブサービスを利用します。
 フォームにRSSのURLを入力し、プレビューを見ながらフィルタ条件を設定していきます。パスというのは条件に合ったものを配信するという意味です。



RSSを配信していないサイトの更新情報をRSS化する

あなたの好きなウェブサイトがRSSを配信していない場合があります。更新されたコンテンツがあるかどうかをいちいち巡回するのでは少しめんどうですよね。
RSSクリエイター(http://rssc.dokoda.jp/)というウェブサービスは、サイト内のトピックスや更新情報などからRSSフィードを作成してくれます。
更新情報のあるURLを指定して、フィードにしたい部分をマウスドラッグで指定します。右側にあるのがフィードのタイトルのプレビューになります。


はてなアンテナを使う

また、はてなアンテナ(http://a.hatena.ne.jp/)も利用できるでしょう。はてなアンテナは登録したサイトの更新状況をまとめてチェックし、ユーザにお知らせしてくれるサービスです。更新状況のページがRSSを配信しているので、それを登録しましょう。

その他のサービス

広告除去に特化したフィルタリング:RssADelete(http://rssadelete.dokoda.jp/)

その他のサービス

Yahoo! Pipes


その他サービス

MyRemix(http://myremix.jp/)

xFluits

xFluits(http://www.xfruits.com/?lg=jp)

関連記事