2015.09.13

原因はルックスじゃない!?男子が「この子とは遊びたくない」と思う女子の特徴・5つ

男子と2人でデートするのは、やっぱり恋愛に発展させるための一番いい方法。
でも、肝心のデートがなかなかできない女子っていませんか? あんまり男子からデートのお誘いが来なかったりするせいで……。

もちろん、「この子は絶対にない!」って女子には男子はお誘いをしないとは思いますけど、それ以外の女子の場合には基本的には「遊びやすいか、遊んで楽しいか」を基準に遊ぶ女子をセレクトしてるみたいです。

そこで今回は、20代男子30人に「『この子とは遊びたくなう』と思う女子の特徴」について聞いてみました。これに当てはまったら、彼女候補にすらなれない!?

1.門限キツイ

「別にお泊り狙ってるわけじゃないけど、もう子供じゃないし、門限とか、親がうるさいとかで10時くらいに帰っちゃうような女子は楽しくないよね。
やっぱり終電ギリまで遊ぶほうが楽しいもん」(営業/24才)

終電がギリギリになってくると、男子はむしょうにドキドキしてくるんだそうです。

本気の本気ではお泊りを狙ってなくても、「もしかしたら……」って考えるのが楽しくて、一緒にいる女子のこともより意識してしまうんだとか。たしかに早く帰るって、本当にただの友達って感じで、デート感がありませんよね。

2.家が遠い

「実家生とかで、たとえば埼玉とかに住んでる子だと、東京住みの俺からは誘いにくいね。終電も早そうだし、それ以上に待ち合わせ場所が……。
彼女の家の近くまで行きたくないし、かといってこっちまで出てきてもらうのも悪いし」(大学生/22才)

なるほど。たしかに、家がお互いに近い人のほうが気軽に「飲もー」とか誘いやすいですもんね。
でも、これはどうしようもないといえばどうしようもないですよね……。

3.彼女ヅラで文句を言ってくる

「会う度に『まだタバコやめてないのー?』とか『食べ方汚いよ!』とか指摘してくる子は嫌だ。
彼女に言われるんだったらしょうがないけど、ただの友達にダメ出しされるためにわざわざお金払いたくない」(公務員/25才)

いずれはカップルになる可能性があるとはいえ、まだ友達同士。だったら、よりラクで楽しいほうが良いに決まってます。母性を出すのは、付き合ってからにしましょうね。

4.当たり前におごらせてくる

「彼女だったらおごるけど、ただの女友達におごるほど余裕ない。お金がもったいなくて、その子と遊ぶのはやめたくなるよね」(営業/25才)

友達だったら、ワリカンが普通でしょうね。もちろんその男子が「どうしても」って言うならごちそうしてもらって大丈夫ですけど、その場合はきちんとお礼も言っておくこと。

5.会話がいつも同じ

「会うといつも、話題がなくって結局『同級生のあの人どうしてるかなー』とか、同じ話ばっかりになる子とは、会っても時間の無駄って思って遊ぶ頻度を落とす。
そういう子は、たまに会うのがちょうどいい感じのただの友達になるよね」(営業/26才)

デートのときは当然「この子と会うといつも楽しいなー」と思わせなきゃです。豊富な話題があることはそのためにも重要。

あらかじめ話題をいくつか用意しておいたり、会う度に前回より深くカレのことを突っ込んで聞いてあげたりする努力が大切ですね。

おわりに

どうでしたか? 「好きかも」と意識してもらう前に、まずは遊んで「楽しい!」って思ってもらうことが大切です。

そのためには、お互いが相手に気を遣って、相手に素敵な時間を過ごしてもらうための努力が必要。これは男子だけでなく、女子にも必要な努力ですね。

(遣水あかり/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事