2015.09.16

まさか私が「釣った魚」!?こっそり調べる、彼の手抜き度チェック・4つ

あなたの彼は、付き合った当初と変わらない態度で接してくれていますか?
最初はあんなに愛情表現をしてくれたのに、今じゃウソのように冷たい…なら、「彼は本当に私のこと好きなのかな?」と不安になってしまいますよね。

もしや彼は一度手に入れた女にはおざなりになってしまう「釣った魚にエサをやらないタイプ」なのかもしれません。
今回は、今の彼の手抜き度を段階的にご紹介したいと思います。

手抜きレベル1.連絡の頻度が少なくなる

「付き合う前には毎日って言っていいほど連絡していたのに、半年たった今じゃ次の日に返信がくればまだいい方で、ほとんど電話にも出てくれない…。愛されているか不安です」(20歳/学生)

これは多くの女子に経験があることではないでしょうか。女性にとって電話やメールなどの連絡は「気持ちを表す手段」であり、とくに用がなくても続けたいと考える傾向があります。

これに対して男性の認識は「情報交換の手段」。大事な用件がある場合だけ連絡できれば良く、付き合いが長くなるとこの差が出やすくなります。

ただ、彼がデート日時の決定など最低限のやり取りも嫌がるようなら、あなたに対する気持ちはもはや消えている可能性が高いと言えそう。

手抜きレベル2.会うのはいつも家

「昔はデートの度に美味しいお店を調べて連れて行ってくれたのに、最近はおうちデートばかり。
『たまには外に出かけようよ』と言っても、仕事で疲れているからと断られる」(24歳/銀行)

もともと外デートへ活発に誘ってくれていた彼が、急に出不精になるパターン。
仕事で疲れているからなどもっともらしい理由をつけていても、本心は「ただ面倒くさい」「お金をかけたくない」だったりします。

一度そう思われてしまった以上、ここから改善する見込みは残念ながら低いです。

手抜きレベル3.誕生日に会うのを拒まれる

「『その日は筋トレしなきゃいけないから』って、私の誕生日に会うのを断られた。
別に記念日を毎月祝いたいなんて思ってないのに、さすがにこれは辛すぎた」(22歳/学生)

彼女の誕生日をうっかり忘れていた、というエピソードは割とよく聞く話です。

しかし、誘っても年に一度の誕生日に会ってさえくれないのは、いくらエサをやらないと言ってもひどい仕打ちですね。

自分の誕生日をどのくらい大切に扱ってくれるかは、ある意味彼の愛をはかるバロメーターになるかもしれません。

手抜きレベル4.態度が突然高圧的になる

「優しくて気が利いて面白くて、これ以上の彼はいないと思ってたのに…。
付き合ったとたん、態度がすごく冷たくなった。ささいなことで怒鳴られて、常に下に見られてなじられるように」(23歳/営業)

社交性が非常に高く周囲からの評価もかなり良い男性の方が、フタを開けてみるとこういうタイプだったりします。
この場合、付き合う前のあまりに優しい態度が忘れられず、「彼が怒るのは私が悪いから」と、自分を責めてしまう女性は多いもの。

しかし、そうやってダラダラ付き合ううちに身も心もボロボロに消耗してしまったら元も子もありません。そのままDVへと発展する前に、早めに見切りをつけて別れるべきです。

おわりに

釣った魚にエサをやらない、と一口に言っても、気心の知れた仲になり余計な気を遣わなくなった関係ならば問題ありません。

しかし、「思いやり」が一切なくなってしまったような状態だと感じたのなら、スッパリお別れする選択も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

(倉持あお/ライター)
(まつきりな/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事