2015.10.05

朝と夜のW(ダブル)ケア!それが目元を守るポイント!


目元は皮膚が薄くとても敏感な部分です。そんなデリケートな部分に毎日メイクをすれば負担になることはみなさんお分かりですよね。更にメイクオフする際に皮脂を一緒に摂り除いてしまっては、目元の乾燥は避けられません。そして乾燥は小じわやくすみの原因にもなります。

やはり目元は専用ケアで保湿を欠かさないようにすることが大切です。目元用ではない化粧品を使うと、刺激が強すぎてダメージを与えてしまうこともあるので、気を付けるようにしましょう。

1.アイメイクをしっかり落とす

目元はメイクの決めてとなるので、しっかりメイクしますよね。アイシャドー、マスカラ、アイラインなど、最近は落ちにくいロングラスティングの化粧品が人気ですので、目元への刺激や負担は想像以上。目元ケアの基本は、家に帰ったらなるべく早く、アイメイクを落とし、目元の負担を少なくすることです。
ここで注意して欲しいのは、アイメイクと全体は分けてオフすること。アイメイクと他のメイクは色素が違うので落ちる時間も違います。更に、目元は皮膚の薄さが他の部分と違うので、丁寧に落とす必要があります。

先ずアイメイクを丁寧にしっかり落としてください。その際クレンジングはオイルかミルクタイプを使い、なるべくシートタイプは避けるようにましょう。シートタイプはつい擦ってしまい、目元に刺激を与えてしまう可能性があります。それから残りのファンデーションなどの全体のメイクを落とすようにしてください。

2.夜は保湿を補うアイクリームを使う

しっかりアイメイクを落とした後は目元ケアタイムです。1日1番長いノーメイクタイムといえば睡眠中です。この間に補修しない手はありませんよね。アイメイクをしっかり落とした後は、アイクリームを目の周りにたっぷり塗って集中保湿ケアをしましょう。アイクリームは保湿力のある『セラミド』成分配合のものをお薦めします。目元の小じわが気になる人は、ハリ・弾力アップ成分の『レチノール』や『ペプチド』配合のものを、小じわ部分にトントンとタッピングしてから塗ると効果的です。

3.朝は美容液で栄養分補給する

睡眠中にしっかり保湿ケアした目元は潤いたっぷりの状態です。そこで朝の目元ケアのポイントは、栄養成分の浸透性が高く、ベタツキが少ない美容液を塗るようにしましょう。油分が多いクリームタイプですとメイク崩れを起こす原因にもなります。これで目元を乾燥から守ることができ、小じわやくすみが気になる方のケアにもなります。

おわりに

目元ケアのポイントは、アイメイクをしっかり丁寧に落とし、夜と朝のW(ダブル)ケアです。年齢は関係ありませんので、今からしっかりケアしていつまでも若々しい目元をキープしましょう。

(下山 一/ライター)
関連キーワード

関連記事