2015.10.04

「聞き上手」はモテ女子の必須条件!聞き下手女子にならないための4つの工夫

聞き上手な女子がモテるというのは、みなさんもよく知ってると思います。
聞き上手な人は、たくさん話させて男子をイイ気分にさせてあげられるからモテるわけです。一緒にいてイイ気分になれる子のことを好きになるのは自然なことですもんね。

こうなるためには、まずは「聞き下手」から脱出しないといけません。
話をする男子があんまり楽しそうにしてくれないあなたは、「聞き下手」と思われているかも?

今回は、20代女子20人と一緒に「聞き下手にならないための工夫」について考えてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

1.「私もさ〜」は禁句

「聞くのが下手な人って、相手の話なのに、『じつは私もね~』って言って無理やり自分が話す番にしちゃってるんだよ」(歯科助手/24才)

たとえば男子が「彼女がさ〜」と話し出した瞬間「じつは私も彼氏にね」と一気に自分のターンにしちゃう人っていますよね。

相手が切り出した話題で、自分にもなにか面白い話とか聞いてもらいたい話があっても、相手の話が終わるまで待ちましょう!

2.相手の相づちに注意

「話してるときの相手の相づちをよく聞いておけば、自分が話しすぎかどうかよくわかると思う。
聞き下手な人って、だいたい相手に『ふーん』とか適当な相づちされてる。けど気づいてないっていう(笑)」(大学生/22才)

自分が話しすぎると相手は「こいつ自分の話ばっかり」となってあなたの話に興味を失ってしまいます。そうなると当然相づちも冷たくなるわけです。

相手が「うんうん、それで?」と好感触の相づちを返してくれるくらいがちょうどいいバランスですね。

3.録音してみる

「私、前に彼氏に『お前話しすぎ』指摘されて、すごくショックで、いつもの感じで話してる友達との電話を録音してみたことある。
それであとで聞いたら、自分の声ばっかりで笑った」(営業/25才)

会話中はテンションも上がってて夢中ですから、自分の聞き下手に気づいてない人も多いみたいですね。そうするとこの録音というのはなかなかいい手段かも。

指摘されたことのない人も、一度カレや友達との電話や会話を録音してみては? スマホにボイレコついてますよ。

4.相談されてるときはとくに注意

「もう、相手が相談してきてるときは、『10:0』でいいと思う。相手が10で自分が0。本当に話さない。相談してきてる人なんて、絶対に相談受けてる人の話なんて聞きたくないもん」(美容師/25才)

よく言われますけど、相談のほとんどって「アドバイスがほしい」じゃなくて「話を聞いてほしい」なんですよね。だったらなおさら聞くことに徹するべきです。

ここで自分の話メインにしちゃったら、もう誰からも相談してもらえなくなるかも?

おわりに

どうでしたか? これら4つのことを自分がきちんと守れているかどうか、意識してみてくださいね。

聞き上手になれたら、きっと今まで以上に男子から好感を持たれると思いますよ。頑張ってくださいね。

(遣水あかり/ライター)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事