2015.10.03

好かれすぎて気持ち悪い…依存型彼氏への対処法



こんにちは!
恋愛カウンセラー/占い師のあやかです。
今回はこちらの17歳高校生から寄せられたご相談についてお答えしていきます。

「今付き合って4か月になる彼氏がいます。
付き合った当初から、「私の事大好きだなあ」と思うことが多かったのですが・・・
最近では、一緒にいるときに私に隠れて撮った、寝顔や盗撮写真をLINEで送りつけてきて「寂しい、会いたいよ」ということを頻繁に送ってきます。
それが本当に気持ち悪くて、対処に困っています。
どうしたらいいでしょうか・・・助けてください」

好きでいてくれるのは嬉しいけど、あまりにも彼に依存されるのは嫌ですよね。
ではそんな彼氏の心理と対策を考えてみましょう!

依存の理由は?

彼の依存は、きっと自信のなさから来るものでしょう。
自分を好きでいてくれているのか、自分の気持ちは届いているのか、そんなことが人よりも気になってしまうのかもしれません。

また、これだけ思っているよ、という彼の愛情バロメーターを表しているものなので、答えてもらえないと、さらに悪化してしまう可能性も。

自分のことを見て欲しい、という気持ちも強いので、あなたと会えないときは特に気持ちが不安定になり、こういった行動につながってしまうのです。

自分の気持ちを素直に伝えて!

このままでは、いくら彼のことが大切でも、あなたは心が疲れてしまいます。
彼のことを嫌いになったり、嫌な気持ちになるのは切ないことですよね。
そうなる前に、しっかり今の気持ちを伝える必要があります。

ただ、「気持ちが悪い」とストレートに伝えてしまうと、彼は落ち込んで立ち直れなくなってしまうかもしれません。
もしくは、感情的になってトラブルの原因になってしまう可能性もあります。
そのため、言い方はあくまでも、彼を思いやっての言葉を選びましょう。

例えば、
「こんなふうにされると、監視されているみたいで切ないんだ。これから信頼関係を作っていきたいから、こういうことはやめて欲しい。」

このように、”うまくやっていきたいから言うね”というニュアンスが大切。
彼も自分への気持ちが見えれば、もしかしたら素直に聞いてくれるかもしれません。

恋人でもすべてを許してはいけません!

いくら好きな人でも、大切な人でも、プライベートを覗かれたり、あまりにも干渉されるのは、気持ちのいいものではありません。

それぞれを思いやって生活するためには、自分の気持ちをはっきり伝えることも大切です。
上では彼の気持ちを尊重した言い方をお伝えしましたが、本当に辛い時は「もうやめて!気持ち悪い!」としっかり伝えましょう。

そこで分かり合えなければ、彼の愛情の形とは、付き合っていくのは難しいと思います。
愛情を押し付けてしまっては、それはもはや愛ではなく、ただのその人のわがままということになってしまいます。

それぞれの愛を理解し合って、意見し合って、2人の愛情の形を”作っていく”ことが大切です!

(あやか/ライター)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事