2015.10.06

男子が「これじゃダメだ、別れなきゃ……」と大好きな彼女を手放そうと決意する瞬間・4つ

大人になると、恋愛はますます面倒になります。
本当は、「大好きだから、すべてを失ってもいい!」なんて思えたらいいんですけど、なかなかじっさいはそうもいきません。仕事とか趣味とか、自分の生活も守らなきゃいけません。

そうなると「好きだけど、さよならしなきゃ」って決意するときがどうしてもあります。

でもこんなのってやっぱり悲しいし、なるべくこうならないように、好きな人とはちゃんと一緒にいられるように頑張りたいですよね。みなさんも、カレにこんなことを思われないようにしましょうね。「好きだけどお別れしよう」なんて一番立ち直れないフラれ方ですから。

そこで今回は、20代男子30人に「大好きな彼女と『お別れしなきゃ』と決意する瞬間」について聞いてみました。

1.仕事を休んでしまった

「彼女とひと悶着あって、メンタルがやられてどうしても仕事が手につかないってときには『こんな関係続けちゃダメだよな……』ってぼんやり思ったりする。
そのせいで仕事を休んでしまったりしたら、なおさらかも」(営業/25才)

大人になると、ほとんどの人はまず仕事が一番大事になってしまいます。これをしないとお金がなくて死んじゃいますからね。

ケンカが耐えなかったり、一緒に落ちちゃったりすることが多くて、仕事と上手に両立できないような関係は、辛いけど精算してしまおうって考える男子が多いのかも。

2.浮気の不安が異常

「前付き合った子は、ずっと憧れてた子で付き合えたことはすごく嬉しかったんだけど、その子ものすごくモテるから、本当にいっつも浮気されないか不安だった。毎日不安で辛くて、本当に迷ったけど、お別れした」(大学生/22才)

浮気の心配とかあんまりしない男子もいる一方で、彼女が好きすぎるあまり信じられないくらいに不安になっちゃう人っています。
「不安すぎる。でも、束縛するのはよくない。だったらいっそ……」って大人の選択をする男子もいるようですね。

気を引きたいと思っても、あんまり他の男子の影をチラつかせるのはオススメしません。

3.ヒドいことを言われた

「ケンカのときに、彼女がカッとなって俺のセックスについて悪口を言ったんだよね。それが忘れられなくて、まだ好きだけど、もう一緒にいられないって思った。怖くて」(営業/24才)

一回こういうことがあると、好きだとしても、どうしても「もう無理」って思うことって女子でもあるはず。

そしてこれは男子でもそう。「あんなこと言われたら、もう一緒にはいられないよ……」なんてあまりに切ない終わり方。

ケンカのときには、関係のない悪口を言わないようにだけ気をつけましょうね。

4.親の悪口

「自分は、親の悪口もダメかな。人ってほとんどみんな、自分の親が大好きだと思う。自分を育ててくれた人だからね。その悪口を言うなんて、ヒドすぎるもん」(フリーランス/26才)

これは3と同じくらいダメかもしれません。同じ「大切な人の悪口」ではありますけど、親友の悪口とかとはまったく違いますね。これも絶対に言わないように。

おわりに

どうでしたか? 大人になると、恋人とは平和な関係をどうしても望んでしまいます。
「好きだけど別れなきゃ」って思う本人だって、すごく辛いです。もちろん言われた方も辛いです。お互いが好きなのに、別れなくちゃいけないなんてことにならないようにしたいですね。

(吉沢みう/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事