2015.10.17

別れた彼との曖昧な関係…そんな時は彼から精神的に自立しよう



こんにちは。ライターの鶴山あずさです。今回は、20歳の女子大生からのお悩みにお答えしましょう。

「2ヶ月前に1年半付き合った彼氏と別れました。
彼が大学に入り、友達を優先ばかりして私と会うのが1ヶ月に1回かどうかレベルでした。それでも入学したてで仕方ないと我慢していましたが、私の誕生日を知っていながら、友達との予定を入れてしまったことがきっかけで、私が彼の生活についていけなくなってしまい、別れました。
別れて2週間は全く連絡を取りませんでしたが、人づてに彼が私とよりを戻すつもりはない。と聞き、完全に関係を終わらせようと、貸し借りをしていた物を返したいと連絡しました。
終わりにしようと連絡しましたが、復縁を少し期待していたのかもしれません。
それからまた少しずつ連絡を取るようになりました。
いけないとは分かっていましたが、身体の関係も持ちました。
それでいいかなと思っていたのですが…
認めたくなかったけど、彼から連絡が来るときは、ほとんどそういう行為をしたいときだけでした。
前と変わらず、
わたしが男友達と遊ぶとヤキモチをやいたり、大好きや愛してるなどの言葉も言ってくれました。
周りからも、付き合ってるのと変わらなくない?と言われました。
しかし、最近
そのような行為をする前はこまめに連絡があるのですが、一度したらそこからは全然連絡が来なくて…
この間、「旅行に行くから、帰ってきたら連絡する。写真とか送る」と言ってくれ、待っていたのですが…
一向に来ないまま1週間が経ちました。
限界になり、「今の私達の関係ってなに?」と聞きました。
彼は、「分からないけど、今みたいなのはやっぱり良くないと思う。」と言いました。
よりを戻すつもりはない?と聞いても、分からない。考えたくない。と言います。
私に本当に依存していたから、すぐに離れられなかった。とも言われました。
でも、「身体だけとかではなく、ただ我慢ができなくて…」とも言われました。
最近はカップルみたいなデートしたりとかはありません。
今でも好きだからどうしていいのか…
彼と離れる勇気が持てません。
今の状態が辛いのも事実です。
どう反応していいか困るかもしれませんが、なんでもいいので意見を聞かせてください。
離れる勇気が欲しいです」



相談者さんは、彼のことを今でも愛しているのですね。今の相談者さんは、寝ても覚めても彼のことで頭がいっぱいなのでは?彼がいなくなるのが怖くて「彼と離れる」決心がつかないのではないかと筆者は思います。
こんなときは、別れる勇気よりも、視点を変えて、彼とのこの先を考えてみましょう。何か違った未来が見えて、彼との関係について答えが出しやすくなります。その手順をご紹介しましょう。

彼から自立しよう

彼と別れる勇気がないのなら、体の関係だけは絶ってみましょう。何回か、彼のお誘いをお断りしてみてはいかがでしょう。

その間に、彼から自立できる強い自分を作ります。何か夢中になれることを見つけましょう。
サークル活動、自分磨き、趣味に力を入れる、女子会etc……何でもいいのです。彼のいない時間を有意義に過ごす練習をするのです。

自分の時間を楽しめるようになると、視野が広がります。新しい人間関係も広がりますので、彼が全てだった相談者さんの世界が広がるでしょう。

やきもちや、甘い言葉の連発といった彼の反応があるかもしれませんが、「あなただって○○したじゃない。寂しかったのよ」といった感じで、穏やかに日頃の不満を素直な言葉で表して、彼の不満をスルーしましょう。

「私にだけに言うのは不公平でしょう?」といった感じに持っていくと、彼も反省してくれるかもしれません。

彼の個性を尊重することができるかを考えてみて

男性には、彼自身が記念日を大切に考えている人と、彼女が喜ぶから記念日を大切にする人、の2種類います。彼は後者のようですね。

しかも彼は、「とにかく自分に甘い人」なので、自分が夢中になるような楽しいイベントがあると、そちらを優先して、「ついうっかり」彼女との記念日を忘れてしまうのでしょう。
信じがたいかもしれませんが、そんな感じで、相談者さんの誕生日も、旅行の時の写真も、忘れてしまったことに深い意味はないように思います。

彼とお付き合いするなら、彼の個性として「彼は自分にとことん甘い人」だということを認識し、彼に期待することをやめることをお薦めします。
相談者さんに、彼に全く期待しない、彼の個性を尊重したお付き合いができるかどうか、自分に問いかけてみましょう。

彼が相談者さんにとって必要な人なのかどうかを分析してみましょう

今まで彼と一緒にいて①楽しかったこと、②傷ついたこと、を書き出してみましょう。
幸せな喜びが、悲しい気持ちを明らかに打ち消すことができるほど大きいのなら、彼は相談者さんに必要な人かもしれません。

そうならば、彼が相談者さんに与えてくれるかけがえのない喜び・幸せのために、相談者さんが彼の個性を理解できる人間に変わる必要があります。

しかし、ただ圧倒的に悲しく不安なことの方が多いのなら、その恋は終わりにした方がいいかもしれません。

別れる決心がついていないときは彼に今結論を迫ってはいけない

相談者さんは、「身体だけの関係の女性」になっているのではないか、と不安な気持ちに襲われているのではありませんか?
相談文から読み取れる彼の言葉から判断するに、筆者は相談者さんの誤解だと思います。

「相談者さんに依存している」状況を彼は良くないと思っているようです。
どんなときに彼が相談者さんに依存してしまっているのかはわかりませんが、依存するほど、彼は相談者さんに心を許していると感じます。

「身体だけではなく、ただ我慢できない」との彼の言葉どおり、彼にとって何かしらの状況に陥った時に「相談者さんにただ会いたくなる」、そして「会ったら思わず身体を求めてしまう」ということだと思います。

今彼の気持ちをはっきりと明確なものにしようと迫ったとしても、彼にもよくわかっていないのです。
男性は、答えが出せない状況にあるときに結論を急がされると、結論を出す努力をするのではなく、先に進むことをやめて、終わりにしてしまう傾向が強いので、「別れ」を急ぐことになってしまうでしょう。

おわりに

今の関係を清算するかどうかではなく、相談者さんが彼から自立することで、彼と相談者さんの関係に新たな風を吹き込んでみましょう。そうすることで、何かしら変化が出てくると思います。

新たな風によって、2人にとって最善の結論が自然と導き出せるのではないかと筆者は思います。2人の最善の結論が、「別れ」であるかも知れません。あるいは2人の関係に変化が生まれるかもしれません。

はっきりとした明確な方法でなくて申し訳なく思いますが、頭でわかっていても心がついていかないときは、心を納得させないと他人が何と言っても先に進めません。
そこで、心が納得しやすい方法をご紹介しました。

相談者さんが素敵な未来へと一歩踏み出せるように祈っています。(鶴山 あずさ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事