2015.10.20

何を考えているのか分からない?無口な彼を持つと「ちょっと大変なこと」4選

付き合う相手はちょっと無口で寡黙なくらいの方が良いと思っている女性はいませんか?確かに自分の話ばかりする男性よりも、一緒にいて落ち着きそうだし楽しそうですよね。

しかし彼があまりにも無口だと、彼の心が読めず別れの原因になってしまうことも。
そこで今回は無口な男性と付き合うとちょっと大変なことについて女性にアンケートを取ってみました。

1.ある日突然爆発する

「私が何をしても特に口出しをしなかった彼。私も『何とも思っていないのかな』とろくにメールの返信もしない日々が続いていた。
そしたらある日突然『お前のそういうところが嫌いなんだ!もう無理。別れて。』と一方的に振られた。あまりにも急だったのでびっくりしてしまいました。」(20歳/大学生)

普段喋らない人ほど怒ると怖かったりするものです。無口だからと言って彼も何も考えていないわけではありません。

女性からすると『前々から思っていたんなら言葉にしてよ!』と感じてしまいますが、これは持って生まれた性格なのでなかなか治らないんだとか。
普段から彼が何を考えているのか察してあげることが大切かも知れません。

2.話が続かない

「元彼が無口な人で、いつも一方的に私が話していた。聞いてくれるのは嬉しかったけれど、私が会話のネタを探すことに疲れてしまって別れることになりました…。」(25歳/バスガイド)

「彼と遊園地に行っても会話が続かず、とにかく無言でアトラクションに乗っていた。従業員の人も彼があまりにも無口でつまらなそうなので気を使う始末。
最近では彼と一緒にいても楽しくないなと感じるようになってしまいました。」(22歳/事務)

せっかくのデートなのですから、お互いに近況報告などしたいものですよね。会話のリズムが合うというのも、付き合いを長続きさせる上で重要になってくるようです。

3.不安が多い

「元彼は自分のことをほとんど話してくれなかったのでとにかく不安だった。秘密主義だったのもあってか、バイト先も教えてくれなかった。
結局不安要素が強すぎて、お別れすることになりました。」(19歳/大学生)

彼があまりにも無口で謎に包まれていると、良からぬ不安を抱いてしまいますよね。これからどんどん歳を取っていくと相手に奥さんや子どもがいる可能性も疑ってしまいます。

あまりにも不安を感じる場合は、一度彼を疑ってみることも必要になってきそうです。

4.全て自分で決めなくてはいけない


「『何でも良いよ』『○○が全部決めてよ』が口癖だった彼。初めはデート先も自分の行きたいところに行けて嬉しかったけれど、段々しんどいと感じるように。
次付き合う人は、ある程度自分の意見も言ってくれる人が良いなと思うようになった。」(23歳/派遣)

デートプランなどを全て自分で決めるのってなかなか大変ですよね。
全てを仕切って欲しいとは思いませんが、いざという時はリードしてもらえると女性としても心強いですよね。

おわりに


もちろん無口な男性にしかない良い面も沢山あると思います。
自分にはどんなタイプの男性が合っているのかこれを機に見直してみてはいかがでしょうか。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)

関連記事