2015.10.22

カラダから始まった恋。成功させた女子に聞いた、その秘訣とは?

好きな人ができたら、付き合うまでカラダを許さないほうがいい!って、よく聞きますよね。
でも、わたしの周りには、カラダから始まった恋を成就させている女性が案外多いんです。

彼女たちに、どんなテクニックを使ったのか、その秘訣を聞いてみました!

じぶんから連絡をしない

「今の彼はカラダから。夜を過ごしちゃったあと、ほんとはすぐに連絡したかったけど、次の連絡は向こうからくるまで待ちました。
『あんなに俺のこと好きそうだったのに、あれ?』って思って、意識しはじめたらしいです」(ネイリスト/25歳)

「こっちから連絡せずに、向こうからきたときだけ会ってた。都合いい女になっちゃうかなって思ったけど、回を重ねるごとに手放せなくなったみたい」(マスコミ系/27歳)

好きな人にじぶんから連絡しないなんて、とってもガマン強いですね。
ついついたくさん連絡しがちな人は、待ってみるのも効果的かもしれませんよ。

その瞬間までに、勝負をかける

「求められる予感がしているときは、それまでのディナー中とかのうちに『この子いいな』って思ってもらえるように真剣勝負!」(広告/28歳)

「一夜で終わるのは絶対イヤだったから、直前まで彼が楽しめるように全力を尽くしました。
カラダだけじゃなくて、気持ち的にまた会いたいと思ってもらえるように」(エステサロンスタッフ/25歳)

「じぶんを押し殺して、相手が喜びそうな会話とか、行動をしてました」(大学2年生)

カラダだけでいいと思っていた男の子も、中身が理想的だったら本命にしたくなるのかもしれませんね。

夜を共にするまでの時間、できるかぎりいい女を演じることが成功につながったようです。

1人にしぼらず余裕を持つ

「ほかにも、いいな〜って思う人がいたので、彼に必死にならなかったのがよかったんだと思います」(大学3年生)

「傷つかないように1人にしぼらない!カラダが先でも、余裕があれば2〜3人に1人は本気になってくれる(笑)」(IT/29歳)

いくつか条件をクリアする男の子をキープしておくという女の子は、案外少なくないのでは?心の余裕が、彼を焦らせるのかもしれません。

でも、「彼しかイヤ!」というほど大好きなら、他にも男がいるというのは匂わせないほうがいいでしょう。傷ついて去っていっちゃうと困りますもんね。

さりげなく嫉妬させる

「一緒に寝てるときに電話がかかってきた感じで部屋を出たりして、さりげなく誰か他にもいい感じの人がいる風を装いました」(金融/24歳)

「相談っていう名目で他の人からアプローチを受けてることを話した。モテるからお手軽なわけじゃないよってアピールしたくって」(カフェ店員/26歳)

嫉妬心や闘争心をあおるのは効きそうですね。ただし“さりげなく”がポイント。
いきすぎると、誰にでもいい顔をしてる、軽い女の子だと思われちゃいます。

おわりに

共通していたのは、“お手軽じゃない感”を出すということでしょうか。本命にしたくなるよう、夜に至るまでは彼の理想通りに演じることに専念するのも効果的みたい。

一夜で終わりたくないなら、じぶんらしさを抑えこんででも、いい女を演じてみては?じぶんを出すのは、付き合ってからでも遅くありません。(かみむらゆい/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事