2015.10.25

雨の日デートでしたい「傘の中でのカレとのラブラブ」・5選

秋になってきて、雨の日が増えてきましたね。
せっかくデートの予定だった日にも、「うわー、今日雨だねー」とガッカリしてしまうこともしばしば……。
靴の中もびしょびしょになるし、みんなが傘をさしている日は街も歩きにくいし、イライラしてしまいますよね。

しかし、それくらいで落ち込んではられません。むしろそのピンチを活かして、チャンスに変えるべき!
雨の日必携のアイテムである傘を使って、カレと思いっきりラブラブしてしまいましょう!

そこで今回は、20代男子30人と一緒に「傘を使って彼女としたいラブラブ」について考えてみました。

1.あいあい傘は基本

「まず雨の日デートなら、あいあい傘でしょ。2人とも傘を持ってるからって、2人で2本傘さすなんて信じられない」(大学生/21歳)

そうですね。せっかくの雨の日デートなんですから、あいあい傘くらいはしたいですよね。
2人で2本の傘をさすと、自然と2人の距離も離れてしまいますし。それにあいあい傘をすることで、傘が他の人にぶつかって歩きにくいというストレスも半減できますね(笑)。

2.キス

「あいあい傘して、そのままその中でキスとしたいよね。信号待ちとかのタイミングで」(大学生/20歳)

これはかなり大胆ではありますが、傘がうまくガードになって他の人から見えにくいということはあるのかもしれません。
普段は人前でキスなんて恥ずかしくてできないなんて人も、これならできるかも?

3.甘い言葉をささやき合う

「傘の中で『好き』とか『愛してる』とか言いまくれば?」(専門学生/20歳)

これも普段の晴れの日デートなら少し恥ずかしく感じてしまうものかもしれませんが、雨の日なら、雨音で他の人には聞こえにくいですし、いいのではないでしょうか。
雨の日に愛の言葉なんて、なんだか切なくてロマンチックじゃありませんか。

4.2人で一緒に持つ

「あいあい傘するときさ、彼氏にひとりで持たせるのもいいけど、2人で一緒に持ったほうがなんかいいよね。共同作業って感じで」(大学生/21歳)

たしかに一般的には、あいあい傘をするときには傘を持つのは男子の担当。
しかし、そこであなたが傘を持つカレの手にフッと手を添えれば、まさに完璧なあいあい傘の完成ですね。

5.肩を抱いてもらう

「俺は雨の日は、あいあい傘の中で彼女の肩に手を回して、守るようにしながら歩くよ。
傘もないのにそんなことしたらナルシストっぽいけど、傘があるとなんか自然じゃない?」(大学生/21歳)

たしかに、あいあい傘をしつつ、男子が彼女の肩に手を回すというのはわりと自然な感じがします。晴れの日にやるとちょっとバカップルぽいですもんね……。
雨のせいで冷えきってしまわないように、カレに包んでもらって温まりましょう!

おわりに

いかがでしたでしょうか? これらのテクを使って、傘の中を完全に2人きりのラブラブ世界にしてしまいましょう。

そうすれば今度から、デートの日に雨が降るのが楽しみにすらなってしまうかも?(P山P太/ライター)

(ハウコレ編集部)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事