2015.10.25

恋に効く魔法のレシピ「蓮根のタラマヨサラダ」

復縁したいと思いながら日々を過ごす女性は基本的にネガティブな気持ちになりがち。どんなに「彼と復縁するぞ!」と心の中で誓っても、厳しい現実が突きつけられて打ちひしがれてしまうからです。もしも本当に「引き寄せ」というものがあるとしたら、復縁がいかに難しいかがわかりますよね。そんなネガティブな気持ちのままでは、マイナスな結果を呼び込んでしまうからです。

そこで、復縁するうえでのメンタルにおいて大切なこと、それはポジティブな精神状態をキープすることです。もし彼と復縁してヨリが戻ったら、こんなところに遊びに行きたい、あんなところに旅行に行きたいなど、いろいろと妄想をしてみて下さい。基本的にマイナス思考に引っ張られてしまうので、何も考えないと悪いほうへ悪いほうへいってしまうため、あえて楽しい彼との旅行や一緒の生活などをありありと具体的にイメージするのです。

単にこんなところに行けたらいいなということだけではなく、細かくスケジュールを設定して遊びに行ったり、食事に行ったり…「こう言ったらたぶんこういう風に返してくれるだろうな」というのを想像してみたり、場面場面ごとの会話や行動を細かくイメージするという方法です。きっとネガティブでいるよりもいい結果に結びつくはずです。

●恋に効く食のメソッド

たらこは、健康にいいという事で最近注目されている不飽和脂肪酸、DHAとEPAが多く含まれています。
そのため、脳の機能から体質の改善まで様々な効果が期待できます。

不飽和脂肪酸はヒトの体内では作れないため、食べることで補っていくことが必要なのです。
また、たらこはビタミンEを豊富に含んでいて抗酸化力も強いといわれています。
ビタミンEは血行障害を予防し、抗酸化作用により細胞の老化を妨げるので、アンチエイジングに効果的だと言えます。

ちなみに、ビタミンEが豊富に含まれていることで有名なアーモンドは15粒に約6.9mg含まれるのに対し、たらこは100gで6.3mgもとれます。

たらこに多く含まれるナイアシンは、皮膚の活性化を増進させる働きがあります。
成人女性の一日の基本摂取量は13mgと言われていますが、たらこには9.75mg/100gも含まれているので、十分なナイアシンが摂取でき、肌を若々しく保つことができます。

ちなみに、乳酸菌発酵液を入れて作られている明太子には乳酸菌が多く含まれているので、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、便秘や下痢を改善してくれます。また、明太子を漬けるときに使う唐辛子に含まれるカプサイシン効果でダイエットも期待できるでしょう。

そこで、復縁を成功させる女性になるための魅力UPに効くレシピをご紹介いたします。

●魅力UPに効くレシピ

☆蓮根のタラマヨサラダ☆
「たらこ」は強力な抗酸化作用で活性酸素から身体を守り、末梢血管を広げて血行を良くするので冷え性、肩こり、頭痛のある方は積極的に摂りたい食品です。また「蓮根」は免疫力を付けてくれる他、ビタミンCがメラニン色素沈着を防ぎ、シミ、ソバカスから肌を守ってくれます。忍耐力を必要とする「復活愛」は心身共に健康であることが一番。「たらこ」と「蓮根」のパワーで乗り切って。

・材料(2人分)
たらこ…2腹
蓮根…100g
A  マヨネーズ…大3
  麺つゆ…大1

・作り方
1.蓮根は皮を剥き薄くスライスして、酢(分量外・少々)の入った熱湯で茹でてザルに上げ、
  流水で洗って水気を切る。
2.たらこは薄皮を除いたものにAを混ぜ、①を加える。

●おわりに

「引き寄せ」をもう少し心理学的に言うと、イメージングとアファーメーションという言葉が当てはまるかもしれません。良いことを想像すれば良いことが起こり、逆に悪いことを想像すれば悪い事が起こるというイメージングと、いい言葉を自分に言い聞かせるアファーメーションを組み合わせることで、望むものを引き寄せるという訳ですね。心身ともに健康なコンディションで、ポジティブに復縁をモノにしてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター、料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事