2015.10.25

人生変わるかも?「のんびりダイエット」のススメ

1ヶ月に痩せる体重を1~2kgに設定します。
気負わずのんびりダイエットライフを過ごすことで、生活習慣そのものが変わり、体質も変わっていきます。

【1kg痩せるために必要なカロリーとは?】

1kg痩せるためには、7,200kcal消費しなければなりません。これを一ヶ月30日で割ると240kcal、ご飯茶碗一杯分です。これを目安に考えると、夕食のお米ご飯を抜き、朝食をスムージーに変えただけで簡単に痩せていく計算になるのです。

【運動をする意味】

ダイエット時になぜ運動しなければいけないのでしょうか?

運動せずに摂取カロリーを減らすと、身体は脂肪でなく筋肉を壊してエネルギーを確保しようとします。
人類は飢餓状態の歴史が長く、筋肉よりも大事な脂肪を身体に残そうとします。

ですから、「この身体には、筋肉が必要なのだよ」と身体に教えるために、運動が必要なのです。
運動そのものの消費カロリーは意外と低いため、ダイエットバランスは、運動2割:食事8割 と言われているのです。

ですから、過激な運動をする必要はありません。スキマ時間でスクワットしたり、ウインドウショッピングしたり、週一回ヨガに通ったり・・。スキマ時間エクササイズ(スキマビクス)で充分なのです。

【習慣を変える】

ダイエットを一過性のものにしないために、生活習慣そのものを変える必要があります。

肥満体型を作ったのが、今迄の生活習慣である以上、この生活習慣を変えない限り、いつまで経っても健康美ボディを手に入れることは出来ません。習慣にもいくつかの種類があり、それぞれ習慣化には時間がかかるのです。

行動習慣(1か月):勉強、日記、片づけ、節約、家計簿をつける
身体習慣(3か月):ダイエット、運動、早起き、禁煙、筋トレ
思考習慣(6か月):論理的思考力、発想力、ポジティブ思考、ストレス発散思考 
(30日で人生を変える 「続ける」習慣より)

ダイエットは身体習慣にあたるため、最低でも3ヶ月の時間が必要です。
しかし、ダイエットカウンセリングを行った経験では、習慣化には3ヶ月でも時間が足りないように感じました。

【細胞を入れ替える】

人の身体は約1年半で生まれ変わると言います。
つまりダイエットしながら、有機無農薬野菜・保存料無添加食品等を食べ続けることで、細胞レベルでは別人になっていきます。

この生活を1年続けたら、どんな明るい未来が待っているか想像してみてください。とはいえ、身体に良い食品はお値段も張りますね。若いうちは若さで保存料等の悪いものを排出してくれますから、ご安心ください。

【1年後の自分を想像しよう!】

私は生活習慣を変えながらダイエットするためには、一ヶ月1〜2kgがベストだと考えています。仮に1kg/月ならば12kg/年、2kg/月ならば、24kg/年となります。これだけダイエットできれば別人に生まれ変われますね。

先に結果を決め、その目標に向かって作業をすすめれば、失敗はありません。
皆さんが、1年後12kg減量した自分の姿を創造できれば、ダイエットは必ず成功します。

【最後に】

ダイエットで変わるのは体重だけではありません。
体重が減った分、自信がアップします。気持も前向きになります。
気持が前向きになると、恋・仕事・趣味等、すべての活動に積極的になっていきます。その結果、人生の全てが好転してゆくのです。のんびりダイエットするだけで、こんなにいい事が待っています。
是非、のんびりダイエットを無理せず始めてみませんか?(林田玲子/ライター)

参照:30日で人生を変える 「続ける」習慣(古川武士:著 日本実業出版社)

(ハウコレ編集部)

関連記事