2015.10.31

イライラする夜は爪を磨こう!自分で磨くナチュラルネイルのポイント4つ

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。
夜、自分の爪を磨く時間って、なんだか「女らしさ」を感じたりしませんか?

お気に入りのキャンドルに火を付けて、ほっとするような香りの紅茶を飲みつつ、毎日の習慣であるヨガの後に艶々に磨かれた爪を見てうっとり。。。なんて素敵な「オンナ時間」。夢のようです。ハイ。

そんな優雅な「明日の自分」の為のリラックスした夜を過ごすオナゴは、この日本の中にどのくらい存在しているのだろうか?と疑問に思いつつ。日本の女子は毎日お疲れです。

実際は、夏の名残りの蚊取り線香焚かれる部屋で、ニュース観ながら缶チューハイ飲んでるかもしれませんが、でも、「磨かれた爪」だけは女を感じる時間であることは間違いありません。

険しいよね「オンナ道」。そんな毎日キャンドルばっかり焚いてらんないよ。家でやるヨガって何か続かないんだよね。今日も疲れたんだから、夜中のスナックくらい食べてもいいじゃないかー!等々、ぶつぶつ言いたくなる疲れた夜も、ぶつぶつ言いながらも爪がキレイになったりすると、アラ不思議。なんか気持ちがすっきりしたりしませんか?

イライラした日にマニキュア塗ったりすると、はみ出して余計イライラしたりしますし、イライラした日こそ爪を磨こう!ということで、今回は「爪を磨く」ポイントをお伝えします。

◇先端も丸く整えよう

尖ったものを見ると気持ちも尖るよ、アラ不思議。先の尖ったパンプスは戦闘靴として優秀ですが、先の尖った爪はまさに「凶器」。彼の背中にこっそり傷を付けたい、色々と事情がある系女子を除いては、爪は丸くしてあるのがベストでございます。
表面を磨く際に引っかかって折れやすくなることもあるので、爪の先端は丸く整えておきましょう。

◇ゆっくり同じ回数磨こう

「よっしゃー!磨くぞー!うぉりゃー!!!」と勢いで磨くと、爪表面に摩擦熱が生まれ火を噴きます。爪磨きセットは大体3種類のネイルファイルが入っていることが多いのですが、爪表面を無鉄砲にあちこち磨いて凸凹した表面にしてしまわないように、右から左、左から右、と同じ回数で爪を磨きましょう。
右から左へ1回磨いたら、左から右へも1回、が歪みなく磨くポイントです。

◇りんごを磨いている気持ちで

爪は真っ平ではありません。弓なりにカーブを描いているので、まるでりんごの表面を磨いてるような気持ちで磨きましょう。丸い物を丸く磨く。コレ、大切なポイントです。

◇最後のオイルも忘れずに

もちろん最後は、ネイルオイルでしっかり保湿。ココナッツオイルやオリーブオイルでもOK。濡れたような艶の爪に大変身するはずです。

◇おわりに

キレイに磨かれたナチュラルネイルの美しさはため息ものです。血色いい桜色、濡れたような潤いの爪は「爪磨きセット」で簡単に手に入ります。色を塗るより手軽なので、ぜひ試してみてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事