2015.11.14

恋が始まるかも…?初対面で「また会いたい」と思わせるコツ6つ

気になる彼に話しかけるせっかくのチャンスに巡り会っても、「何を話したらいいのか分からない!」というパニック状態になって、無愛想や不機嫌になってしまい、後悔した経験のある女性は多いでしょう。

そんな女性のために、心理カウンセラーが、初対面でも「また会いたい」と男性に思わせる誰でもできる簡単コミュニケーション術をご紹介します。

1.素敵な笑顔は女性の武器です

緊張して会話が詰まった時も、素敵な笑顔で沈黙を破り「緊張しますね」というだけで、後は男性ががんばってくれるでしょう。緊張のあまりマシンガントークしてしまうより、絶対に好印象です。

素敵な笑顔は女性の武器です。たとえ会釈でも、男性の胸キュンを誘う効果は十分。
いつも会釈してくれる女性は、たとえ話したことがなくても、男性の記憶には「感じのいい子」として残ります。
鏡の前で、1日1回笑顔と会釈の練習をしておきましょう。

2.否定会話は避けましょう!

男性だって初対面は緊張しているのです。そんなときに否定的な返事をされてしまうと、男性は、自分自身が拒否されたように感じ会話が止まってしまいます。見込みがない思って諦めてしまうかもしれません。

気になる男性には、「あなたに興味がありますよ!」という心の声を届けるためにも、相づちを打ちながら、ときどき「すごいですね」「素敵ですね」とほめ言葉も挟みましょう。ほめ言葉は、男性に勇気を与えます。

3.褒め言葉には「ありがとう」で答えましょう!

初対面の男性がほめてくれたら、「ありがとうございます」とまずはお礼を言いましょう。
謙遜する気持ちも大切ですが、まずは、自分をほめてくれた相手の気持ちに敬意を示すとポイントUP。謙遜はそのあとで十分です。

出会いの場では、男性は女性に喜んでもらおうとして一生懸命なのです。その男性の努力を汲むことのできる優しい女性には、多くの男性が好感をもちます。

4.マイナスイメージを持ったら良いところも探しましょう!

初対面でアピール下手な男性でも、実直で誠実な男性もたくさんいます。
だから、そんな素敵な男性との出会いを逃してしまわないためにも、マイナスのイメージをもった場合、敢えてその男性の良い部分(プラスイメージ)を探してみましょう。

探して見つけたプラスイメージの方が、その男性の本質だったというようなことも多いのです。

5.家事については「好きですよ」と答えておきましょう!

「謙遜は美徳」といわれています。しかし、家事について男性にその腕前を聞かれ、女性が「普通かな?」と答えてしまうと、多くの男性は「あまり上手ではないのか(残念)」と思ってしまうのです。それどころか、最近の男性は料理ができる人も多いので、「下手なの?」と思ってしまうこともあります。

だから、家事については、「好きですよ」と答えるのがおすすめです。
本当は苦手な場合でも、「好き」の後で「得意かどうかは別として……」と付け加えておけば嘘になりません。

6.タイプの男性を見つけたら視線で彼の注意をひきましょう!

視線は感じるものです。だから、好きな男性には、じっと視線を送ってみましょう。ただし、相手が気づいたらさっと目をそらすのがコツ。

そして、男性に「彼女、自分を見てた?」と匂わす程度の「チラ見」を数回繰り返してみましょう。何度もチラ見されたら、「彼女、自分に気があるのかも?」と男性は本能的に意識し始めます。

おわりに

初対面の印象は内面を知るきっかけにすぎませんが、初対面が好印象でなければお付き合いは始まりません。

笑顔と会話で優しさまでアピールできる女性は、どんな合コン、飲み会、パーティや紹介など、どんな場でも勝利を収めることでしょう。(鶴山あずさ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(黒田真友香/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事