2015.11.14

かわいいけど汚れやすい!?気を付けたいネイルデザインベスト3と注意点

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。雑誌やネットで見かけるかわいいネイル。「やってみたい!」なんて飛びついたはいいものの、付けてみたらなんか汚れやすい・・・そんな時ありませんか?
汚れるようなことはしていないつもりなのに、なんだかうっすら汚くなっちゃったネイルって気になってしまって落ち着かないですよね。
今回は汚れやすいネイルとその対処法についてお知らせしたいと思います。いつまでもツヤツヤネイルでご機嫌に過ごす為の参考にしてみてくださいね。

◇清楚感溢れる白いネイル

春夏秋冬人気の白いネイル。明るさや清潔感もあって、ウェディングネイルとしても人気ですよね。フレンチやグラデーションなど幅広くデザインもしやすいので、試したことがある方も多いはず。でも、洋服同様汚れやすいのが白ネイルです。
濡れたデニムや皮製品の色が色移りしたり、タバコのヤニが付いたり、なんだかわからないけど色移りしたりと、汚れの悩みはつきません。ずっとキレイに保つにはどうしたらいいのか?悩みどころですよね。

◇かわいくて大人気ニットネイル

冬になると付けたくなるのがニット模様のネイル。ニットの網目を再現したネイルは、マットな表面とポコポコした模様がポイントです。シンプルな色味でも、模様によって様々な表情が現れるネイルでもあるので、会社に付けて行っても違和感のないデザイン。冬の一押しと言っても過言ではありません。しかし、網目の部分が汚れがちなのが悲しいところです。

◇モードなカッコ良さの艶なしネイル

普通はツヤツヤに仕上げるジェルやマニキュアですが、マットなトップコートを重ねることで、擦りガラスのようなレザーのような表面を作り出すことができるマットネイル。塗るだけのマットトップコートは最近の人気商品です。でも、なぜかマットは汚れやすい。キレイな艶なしを維持したいところ。

◇汚れたらやってみよう

まずは、汚れないようにすることが一番大切ですが、どうしても汚れてしまったら応急処置はないものか?と考える方も多いはず。マニキュアであれば、塗り直した方が早いのですが、ジェルネイルだとそうはいきません。ジェルネイルが汚れた場合は、ノンアセトンリムーバーで拭いたり、消しゴムでこすったりすると汚れが取れます。それでも取れない場合は、ネイルファイルで表面を軽く磨くこと。それだけで艶が蘇ったりします。

◇おわりに

汚れないように扱うのが一番なのですが、知らず知らずの間に汚れてしまうのが指先。働き者の皆さんは、指のことばかり気にしていられないと思うので、気付いたら汚れていた!ということも多いと思います。そんな時は、ノンアセトンリムーバーか消しゴムの登場です。結構、簡単に汚れが取れますので試してみてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事