2015.11.17

元彼とのセフレ状態から脱却して復縁する方法

こんにちは、恋愛心理カウンセラーの木田真也です。

別れてからも連絡を取り合う元カレ。
2人で会って体の関係もあるという、いわゆるセフレ関係というのもよくあること。あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

もしあなたがそんな状況だったとしたら……

きっと付き合っていたころに比べるとあなたへの接し方もずいぶん雑になっているはずです。

そんな不遇な状況にあるあなたがセフレ状態から脱却して本命へと復縁する4つのコツについてお話します。

1.会う時間帯は昼間のみにする

夜や夕方ばかりに会っていると、どうしてもセフレのイメージを連想させてしまいますよね。
なので元彼と会うのは、明るい昼間を狙うことです。昼に会う機会を少しずつでいいので増やして、付き合っていたころの感覚を彼の中に呼び覚ましましょう。

もし夜に会うことを誘われたらハッキリ断ることが大事。そのようにしてあなたのポジションを今より少しずつランクアップさせるようにします。

また恋人だったころにいったことのある場所にいくと彼女として付き合っていたころを思い出せますし、なおよいでしょう。初デートの場所などいいかもしれませんね。

2.LINEやメールのテンションは低めにする。

LINEやメールの絵文字や顔文字は減らすことでテンション低めを表現することができます。
文章も感情表現を減らしテンション低めにすることです。文字数も今より少なめにするとよいでしょう。

そして2回に1回は自分からLINEやメールのやり取りを終わらせる。返事の必要のない連絡は返さないなど工夫するのもいいかもしれません。
そうやって彼の「お前は俺のもの」といった所有感を薄れさせていくことが大事です。

3.たまに連絡を断つ

LINEやメール、電話など。たまに連絡を断つことが大事です。

毎日、連絡を取り合っていたのなら、1週間。2,3日に一回取り合っていたのなら、2週間程度あけましょう。一週間に一回なら3週間程度あけましょう。
これにより彼の所有感を薄れさせることができ、相手の思い通りにならない感を高めていきます。

4.ホテルに誘われても絶対に行かない

当然のことですが、もうホテルに行ったり、彼の家に行ったりすることは絶対にやめましょう。
いろいろ頑張って彼の思い通りにならない感を演出したところで、一度でも身体の関係をもってしまうと一からスタートになってしまい、
今までの努力が0になりかねませんから……。
そんなことにならないためにも、求められても断る勇気が必要です。

もし断る自信がないとしたら、誘われやすい状況を作らないことです。
最初にお話したように昼間に会うのもそうですし、周囲にホテルがないような場所や、その気にならないような場所で会う。

そうやっておけば自然と身体の関係に誘われにくい雰囲気になるでしょう。断りにくいあなたも安心です。

おわりに

いかがだったでしょうか?
ここにあげたこともそうですが、まずは彼にとって今のあなたは都合のいい女になっていることを認め自覚すべきです。

大切に扱われない今の不当な状況を脱し、身体でつなぎとめるよりも、心でつながり合えるように頑張ってくださいね。ご参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事