2015.11.18

恋愛相談してくる女子に「失恋しないかな」と思っている男子の特徴・4選

こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
「こんな女友達には恋愛相談をしない方が良い」なんて話はよく聞きますが、実は男友達にも似たようなことが言える場合があります。

さらに驚くのが相談を聞いているフリをしながら「この子、失恋しないかな」と思っているパターンが多いというところです。

しかし、これを深く聞いてみるとたどり着く答えが共通して「自分の好きな人だから」というものに。
好きな人の恋愛相談を聞く辛さは、女子でも分かりますから、彼らの言動も仕方ないのかも…?

そこで今回は、都内の大学に通う男子大学生20人に、このようなシチュエーションでの対応について語り合って頂きました。

1.彼のマイナスな点ばかりを話してくる

「僻みも含むんだけど、その子が片思いしてる男のマイナスな点を話しちゃうかな。
『アイツ、こういう部分あるから止めといた方が良いと思う』とかね。」(A大学経済学部/3年)

他には「こういう男が良いんじゃないかな、と建前を置いて自分の性格を話す」(H大学文学部/4年)なんていう、巧妙なテクニックを話す男子も。

「あの人は止めといた方が良いと思う」という意見は、女子でも男子でも挙がってくるものなんですね。

それが事実の場合もあればそうでない場合もあるので、頭の片隅に置きつつ好きな彼と接するようにしましょう。それが事実か嘘か判断するのは、あなたですからね。

2.彼に嫌われそうなアドバイスをする

「俺は単純に、相手の男が嫌がりそうな行動を敢えてアドバイスするかも。
あとは自分の知り合いだったら、全然ソイツのタイプじゃない女をタイプって話す(笑)」(T大学法学部/2年)

「いや、それ明らかに嫌われるでしょ」と気づける内容なら、その男子に相談するのをやめればいいのですが、「タイプじゃない女性をタイプと話す」なんてことは、なかなか気づけないもの。

好きなタイプのみならず、彼から聞いた話と第三者から聞いた話で違うかもと感じることが多々あると思います。

そういう時は、第三者の意見を鵜呑みにするのではなく、よく吟味するようにしましょう。
周りに振り回されず、彼の話や態度を信じる強いメンタルも恋愛には欠かせませんからね。

3.アピールの仕方について否定的

「こういうアピールをしたとか聞いて『それぶりっ子すぎるからやめた方が良いよ』とか言うわ。俺の前でやってくれたら良いのに~とか思いつつね。」(T大学国際学部/3年)

せっかく頑張ってアピールした話を「ぶりっ子」なんて言われたら傷つきますよね。
さすがにここまで来ると「何か会話が噛み合ってない気がする・・・」と思うはず。

「こういうことをしてみようと思うんだけど、どうかな?」という相談に対して否定的な意見ばかり出るようでしたら、早めに相談相手を変えるようにしましょう。

4.全く仲介をしない

「そもそも全く仲介しない。話も聞かないし協力もしない。これが1番だと思うよ。」(M大学商学部/1年)

態度で示してくれれば、女子側としても「恋愛相談しない方が良いかも」と判断することができますよね。何回か恋愛相談をしても話を聞いてないなと思うようでしたら、その男友達には恋愛相談を持ちかけないのが無難かもしれません。

おわりに

あくまでも今回の取材内容は一部の意見であり、全ての男子がこうだという訳ではありません。

しかし、頭の片隅にこれらを入れておけば誰に恋愛相談したら良いかを自分で見極めることができるので、覚えておくと良いかもしれませんね。(矢沢ゆう/ライター)

(ハウコレ編集部)
(大倉士門/モデル)

関連記事