2015.11.24

自立していない女子のほうが、恋愛は楽しい

ほんの20数年くらい前は、恋愛に自立がどうのこうのという話は、ほぼまったくと言ってもいいくらいありませんでした。

今20歳くらいの女子で、親が40代後半……というひとは多いと思いますが、ご両親が20歳くらいの頃は、女子は大学を出て、数年会社に勤務して、25歳くらいまでには結婚するのがふつうでした。

女子の自立というのは、バブル期にはたらいて稼ぎまくる女性が登場して、そういう女性が「輝く自立した女性」としてマスコミに取り上げられたことがきっかけだろうと思います。当時はマスコミに、自立している(珍しい・憧れ的な)女性の象徴として、ニュースキャスターが取り上げられていました。

つまり25歳までに「行き遅れないように」結婚し、結婚したら専業主婦になる……というその当時の世間のセオリーとはちがう文脈を地で行く女性が、マスコミウケし、なんとなくそういう流れのまま現在に至る……ということです。

20万円ちょっとで、どうやって自立するんだよ・・・

今の時代、経済的に自立している人は、男女ともに少ないはずです。
若い人の平均年収は、公的機関の調査によると300万円あるかないかです。仮に額面で300万円とした場合、手取りにすると20万円ちょっとか、20万円欠けるくらいでしょう。

実家暮らしならまだしも(実家暮らしをしている人を、自立していると言っていいのかどうかは別にして)、ひとり暮らしをしていたら、とても「自立したくない」手取り金額であるはずです。

精神的な自立というのは、経済的な自立とセットですから(経済的に自立していないのに、精神的自立などない)、経済的に自立すれば恋愛はすごく楽しくなりますし、経済的に自立していないと恋愛はつまらないものになります。
そもそも金がないのにどうやってホテルに行くねん?となりますよね。

経済的に不自由でいいと思う

ただ、経済的に自立しようと思えば、一般的にはかなりの時間が必要です。言うまでもないことですが、とくに男子が地道にはたらいて年収400万円、500万円くらい稼ごうと思えば、時間がかかりますよね。

女子はWワークすれば済む話かもしれませんが、男子のWワークというのは、職種が極めて限られてきますからほぼ無理です。

だから、経済的・精神的に自立していない者どうしがくっついて、楽しく恋をすればいいのだと思います。

毎月手取りで20万円の男女がくっつけば、計算上は毎月40万円の家庭とおなじことになります。
毎月40万円あれば「それなりに」経済的に自立できますし、ひいては精神的な自立も望めます。

そもそも結婚とはそういうものだった?

そもそも結婚とはそういうものだったと、という事実もあります。ふたりでいたら食いっぱぐれることがないから結婚した。こう証言している人もいます。

ふたりでいたら、楽しいときも2倍、苦しいときも2倍。堂々ともたれかかりあえばいいし、それがどことなく嬉しいことだったので結婚した。こう証言している人もいます。
もっと昔のこと、今のようにサラリーマンという職業がまだ一般的ではなかったころは、とくにこういう傾向があったようです。日本は貧しかったからね。

ここ最近であっても、「どう食っていけばいいのかよくわからない職業」……たとえば作家とか作曲家とか画家みたいな職業の人たちは、「食いっぱぐれるかどうか」を結婚の指針にしていたりもします。

マスコミに出てくるアーティストは、稼ぎのいいごくわずかな部類の人たちで、(言い方は悪いですが)いわゆる「その他大勢」の人は、「ふたりならどうにか食える」と思って恋をし、結婚していることもあります。

自立なんて、そんなのあとから考えればいい

それはつまり、自立なんて、そんなことはあとから考えればいいや!ということです。
それで悪いのか?それでいいから、こういうコラムを書いています。

まず、カップルで真剣に生き延びることを考えること。そこを精一杯やっているうちに、人は自然と経済的にも精神的にも「それなりに」自立するから不思議です。
むしろ自立していない男女がバタバタと恋をするほうが、カラフルで楽しいくらいです。

100%自立している男女が「金はある。淋しさはあまりない」というスタンスで恋をしたのでは、恋っておもしろくないものです。

あなたがそのうち自立したときに、やってみればよくわかります。なんでもかんでも自立しちゃえばいいということは、この世の中にはないのですヨ。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事