2015.11.21

あの人は何色オーラ?性格や考え方で見抜くオーラ診断2

皆さんは「オーラ」という言葉を聞いたことがあると思います。これは、生き物が発している普通目には見えない特殊なエネルギーのことを指します。例えばそれは、存在感や雰囲気とも例えられるでしょう。実はそのオーラにはカラーがあり、その人の性質や魅力を反映しているのです。そこで今回は、性格や考え方からその人が何色のオーラを身にまとっているか、そしてどうすれば輝かせられるかをご紹介致します。※全部で12色を解説します。

オーラカラーがオレンジ色のタイプ

いつもリーダーシップを取っていて皆の先頭を走る人っていますよね。明るくおおらか、でも常にナンバーワンを目指している、そんな人がこの「オレンジ色のオーラ」を身にまとっていることが多いでしょう。顔立ちは、人目を引く派手がさあり、いつも堂々としていて目に光と力があると言えます。このタイプのオーラを輝かせるには、多くの人からの賞賛や応援をもらうことでしょう。

オーラカラーが白色のタイプ

何事も丁寧で謙虚、それなのに努力家な人っていますよね。目標を達成するためには縁の下の力持ちでも厭わない、そんな人がこの「白色のオーラ」を身にまとっていることが多いでしょう。顔立ちは、細身で目立たないけど、知的で繊細な印象。キリッとした面持ちで視線がまっすぐな静かな目をしているはず。このタイプのオーラを輝かせるには、自分の能力で人の役に立てたという実感を持つことでしょう。

オーラカラーが紫色のタイプ

社交的でセンスがよくいつも気品のある物腰の人っていますよね。いつもでしゃばらず人が争っている時に仲裁役になる、そんな人がこの「紫色のオーラ」を身にまとっていることが多いでしょう。顔立ちは、都会的で洗練されており、上品な目鼻立ちをしているといった印象。均整のとれた曲線美をもっていると言えます。このタイプのオーラを輝かせるには、肝心なところでは自分の意見をはっきり主張することでしょう。

オーラカラーが黒色のタイプ

洞察力があって口が堅く、義理人情に厚い人っていますよね。何とも言えないセクシーな雰囲気と自分なりのこだわりを大切にする、そんな人がこの「黒色のオーラ」を身にまとっていることが多いでしょう。顔立ちは、小柄ながら引き締まっており性的魅力を感じさせると言えます。謎めいた雰囲気にクールなイメージがあるはず。このタイプのオーラを輝かせるには、共感できる価値観や考え方の幅を広げることでしょう。

おわりに

なぜ、自分を輝かせる、ひいては自分に自信を持つことが大切なのでしょう。それは、「オーラ」と「自己イメージ」が関係してくるからなのです。自分に自信を持っている人は、ある種のオーラを身にまとっています。それは、どんなに高い洋服を着ていても、どんなに美しくメイクしても身につけられるものではありません。「自分への自信」そこからにじみ出てくるものなのです。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事