2015.11.22

あの人は何色オーラ?性格や考え方で見抜くオーラ診断3

皆さんは「オーラ」という言葉を聞いたことがあると思います。これは、生き物が発している普通目には見えない特殊なエネルギーのことを指します。例えばそれは、存在感や雰囲気とも例えられるでしょう。実はそのオーラにはカラーがあり、その人の性質や魅力を反映しているのです。そこで今回は、性格や考え方からその人が何色のオーラを身にまとっているか、そしてどうすれば輝かせられるかをご紹介致します。※全部で12色を解説します。

オーラカラーが黄色のタイプ

好奇心旺盛で何事にも果敢にチャレンジしている人っていますよね。フットワークが軽くプラス思考で楽観的に困難を切り抜けている、そんな人がこの「黄色のオーラ」を身にまとっていることが多いでしょう。顔立ちは、やや野性的でボーイッシュ、骨太でサバサバした印象と言えます。このタイプのオーラを輝かせるには、広く多くの人に自分の知識や経験を伝えていくことでしょう。

オーラカラーが茶色のタイプ

継続力があり責任を全うしようという意識を持っている人っていますよね。自己管理能力が高く勤勉で、どこか古風な雰囲気を持っている、そんな人がこの「茶色のオーラ」を身にまとっていることが多いでしょう。顔立ちは、全体的に少し角張っており、小さめな顔立ちに芯の強そうな眼差しを秘めている印象。このタイプのオーラを輝かせるには、ユーモアの精神を大切にし、自分が前に出ることを意識することでしょう。

オーラカラーが銀色のタイプ

個性的でアイディアが次々にあふれてくる人っていますよね。誰にでも人当たりがいいのに鋭いインスピレーションも併せ持つ、そんな人がこの「銀色のオーラ」を身にまとっていることが多いでしょう。顔立ちは、整った理知的な容貌で卵型の顔に中性的な面持ちといった印象。このタイプのオーラを輝かせるには、いったんやり始めたら最後まで粘り強く着手し、やり遂げることでしょう。

オーラカラーが水色のタイプ

感受性に富んでいて想像力豊かな人っていますよね。見た目は繊細なのに、誰かのためなら自分を犠牲にできる強さを持っている、そんな人がこの「水色のオーラ」を身にまとっていることが多いでしょう。顔立ちは、女性的で深い思いやりを感じる表情に、大きな潤んだ悲しげな眼差しを感じるという印象。このタイプのオーラを輝かせるには、芸術的な世界や目に見えないものに対して関心を高めることでしょう。

おわりに

なぜ、自分を輝かせる、ひいては自分に自信を持つことが大切なのでしょう。それは、「オーラ」と「自己イメージ」が関係してくるからなのです。自分に自信を持っている人は、ある種のオーラを身にまとっています。それは、どんなに高い洋服を着ていても、どんなに美しくメイクしても身につけられるものではありません。「自分への自信」そこからにじみ出てくるものなのです。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事