2015.11.23

血液型別調理法ダイエット「スープ」のケース

今、海外のセレブ達が実践している「血液型ダイエット」というものがあるのをご存知ですか?これは、ピーター・J・ダダーモ博士が各血液型に合ったダイエット法をまとめたもの。血液型はA、B、O、ABの4タイプに分けられますが、それぞれホルモンの分泌量や酵素の働き方も微妙に異なっています。そこで今回は、この血液型ダイエットを応用して、料理研究家のHITOMI先生監修のもと「血液型別調理法ダイエット」をご紹介致します。今回はスープで見ていきましょう。

A型にピッタリのスープは…ビッシソワーズ

何事にも慎重で他人に気を遣うA型生まれのあなたは、食事でストレスを発散するため満腹感のある食材を欲しがち。そのため、満腹指数が高く食物繊維が豊富なジャガイモを食べるのがオススメ。血液型診断によると、A型は農耕民族がルーツとされます。そこで、牛乳を取り入れた調理法がオススメと言えるでしょう。スープで言えば、ジャガイモ・玉葱(各適量)をオイルで炒めた後ミキサーで撹拌し、コンソメスープ ・牛乳(各100cc)で煮て塩・こしょう(各適量)をする「ビッシソワーズ」が理想的。少量でも満足できる具材でダイエット!

B型にピッタリのスープは…コンソメスープ

マイペースで自分の好みにこだわりをもつB型生まれのあなたは、やや食に好き嫌いがあるため偏食傾向があるようです。そのため、あまりこってりしておらず素材の味を活かした野菜メインの食材の組み合わせをさっぱりと頂くのが良いでしょう。血液型診断では、B型は遊牧民族がルーツとされます。そこで、薄味で野菜の甘味を引き出せるレシピがオススメ。スープで言えば、人参・玉葱・ベーコン(各適量)をオイルで炒めた後、灰汁を取りながらコンソメスープで煮て、塩・こしょう(各適量)をする「コンソメスープ」がベスト。ヘルシーな野菜たっぷりダイエットに。

O型にピッタリのスープは…ミネストローネ

スタミナがあり粘り強いO型生まれのあなたは、行動力があるため汗をかきやすく、濃い味付けや香りの強いもの好む傾向があるとされます。そのため、味はしっかりしているのに、健康的な食材を用いるのが理想かもしれません。血液型診断によると、O型のルーツは狩猟民族。肉や魚など動物性タンパク質を好むため、ビタミン・ミネラルが損なわれがちです。そこで、独特の酸味を楽しみながらビタミンを多く摂取できる調理法がベスト!レシピで言えば、ジャガイモ・玉葱・人参・キャベツ(各適量)をオイルで炒め、ホールトマトとコンソメスープで煮て、塩・こしょう(各適量)をする「ミネストローネ」で、美味しく低脂肪ダイエットに。

AB型にピッタリのスープは…パンプキンスープ

マルチな才能と多彩なコミュニケーション力を持っているAB型生まれのあなたですが、ストレスに弱く全ての血液型の中で、最も体温が低いと言われます。そのため、身体を温めてくれる食材をうまく取り入れてみて。血液型診断によると、AB型はAとB両方の要素を持つニュータイプ族。体温を高めてくれるとされる根菜類を具材に選ぶと良いでしょう。レシピで言えば、かぼちゃ・玉葱・セロリ(各適量)をオイルで炒めた後ミキサーで撹拌し、コンソメスープ ・牛乳(各100cc)で煮て塩・こしょう(各適量)をする「パンプキンスープ」がオススメ。体温を高め代謝をよくするダイエットを。

おわりに

血液型別調理法は簡単で、自分の血液型に適している調理法・食べ方でダイエットに効果的な食材を料理するだけ。自分の血液型に合った調理法で食することで、消化機能や免疫力を高めていくという訳ですね。そして、自分の「食べ方の癖」をバランスのとれたものにしていくことで、ナチュラルにダイエットする!のが目的です。このとってもシンプルな血液型調理法、是非一度お試しあれ。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事