2015.11.25

血液型別調理法ダイエット「酢の物」のケース

今、海外のセレブ達が実践している「血液型ダイエット」というものがあるのをご存知ですか?これは、ピーター・J・ダダーモ博士が各血液型に合ったダイエット法をまとめたもの。血液型はA、B、O、ABの4タイプに分けられますが、それぞれホルモンの分泌量や酵素の働き方も微妙に異なっています。そこで今回は、この血液型ダイエットを応用して、料理研究家のHITOMI先生監修のもと「血液型別調理法ダイエット」をご紹介致します。今回は酢の物で見ていきましょう。

A型にピッタリの調理法は…たこと胡瓜の酢の物

堅実でコツコツタイプのA型生まれのあなたは、ストレス解消に時として脂ギトギトの料理を食べたくなりがち。そのため、食べごたえのある食材に酸味をきかしつつさっぱり食べるのがヘルシー。血液型診断によると、A型は農耕民族がルーツとされます。そこで、歯ごたえを意識した調理法がオススメと言えるでしょう。酢の物で言えば、一口大の茹でだこ(100g)と小口切りした胡瓜(1/2本) を、酢(大2)、砂糖(大1)、薄口醤油(小1)、塩(小1/2強)で 和える「たこと胡瓜の酢の物」が理想的。よく噛んで満腹中枢を刺激しダイエットに。

B型にピッタリの調理法は…大根と人参の酢の物

新しいものや楽しいものが好きなB型生まれのあなたは、健康のバランスを考えて食材風味のハーモニーを感じながら食べるのが理想。そのため、複数の味わいを織り交ぜたものが良いでしょう。血液型診断では、B型は遊牧民族がルーツとされます。そこで、様々な野菜を一度に食べられるレシピがオススメ。酢の物で言えば、千切りにした大根(100g)と人参(20g)を塩もみし、ゆず皮(少々)と 酢・砂糖(各大2)、出し汁(大1)、塩(小1/2強)で 和える「大根と人参の酢の物」を食して。野菜を美味しく摂取しダイエットに。

O型にピッタリの調理法は…ツナとキャベツの酢の物

決めた目標に真っ直ぐに向かえるO型生まれのあなたは、タンパク質中心の食事を好む傾向があるようです。そのため、肉や魚をヘルシーに取り入れた料理がいいかもしれません。血液型診断によると、O型のルーツは狩猟民族。味付けの濃いものをとりがちです。そこで、酸味で素材の良さを最大限に活かした調理法がオススメ。酢の物で言えば、茹でて一口大に切ったキャベツ(120g)とツナ(大2)を、 酢・砂糖(各大2)、塩(小1/2強)で 和える「ツナとキャベツの酢の物」が理想的。ツナで食べごたえを増して、キャベツでダイエットに。

AB型にピッタリの調理法は…しらすとわかめの酢の物

理知的でクールな側面を持つAB型生まれのあなたは、食事に楽しみを取り入れることが大切。そのため、旨みや歯ざわりをうまく取り入れてみて。血液型診断によると、AB型はAとB両方の要素を持つニュータイプ族。飽きのこない調理法が良いでしょう。酢の物で言えば、しらす(100g)と一口大のわかめ(100g)を、酢(大2)、出し汁・薄口醤油(各大1)、塩(小1/2強)で和える「しらすとわかめの酢の物」がオススメ。しらすの旨みとわかめの歯ごたえの組み合わせによる、満足感のある食事でダイエットを。

おわりに

血液型別調理法は簡単で、自分の血液型に適している調理法・食べ方でダイエットに効果的な食材を料理するだけ。自分の血液型に合った調理法で食することで、消化機能や免疫力を高めていくという訳ですね。そして、自分の「食べ方の癖」をバランスのとれたものにしていくことで、ナチュラルにダイエットする!のが目的です。このとってもシンプルな血液型調理法、是非一度お試しあれ。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事