2015.11.28

誰にだって、やってくる。「マンネリH」を打破する4つの方法

こんにちは。ラブヘルスカウンセラー・小室友里です。
みなさん、彼とのHに飽き飽きしてしまう、いわゆる「マンネリ」化していませんか?

「そんなの絶対ヤダ~!」

と言っているあなたにも、いつか必ずやってくる。それがマンネリなのです。
マンネリはなぜ、来てほしくないあなたのもとへやってくるのでしょうか?マンネリにご退場いただき、ハッピーなエッチを続けるにはどうしたらいいのでしょうか?

これを知ってマンネリ期を迎える人と、知らないままマンネリ期を迎える人とでは、打破までに要する時間が大きく変わります。

1.マンネリは安心の裏返しだと知ろう

付き合いたての頃や、初めてエッチした時に感じていたドキドキ感。それがいつ消えてしまったか、覚えている人は少ないと思います。

しかし、消えてしまったドキドキ感の代わりにあなたの心を満たしたものがあります。

「この人と一緒にいるとホッとする」
「彼はずっと一緒にいてくれる」

そうです。安心感です。
安心感で心が満たされると、彼のために必死になる気持ちが徐々に減ってきます。
LINEの返事が適当になったり、適当なヘアメイクでデートに行ってしまったり。彼との恋が日常化するのです。これがマンネリの始まりです。

つまり、マンネリは安心の裏返し。マンネリも愛情の一つなのです。

2.Hは経過時間によって、関わり方が変わるものと知ろう

しかしHがパターン化しちゃったらつまらないですよね。なぜパターン化してしまうのでしょうか。
ドキドキしていた頃と同じHを、安心できるようになってからも繰り返すからです。

「この人と一緒にいるとホッとする」
「彼はずっと一緒にいてくれる」

そう思えるようになったら、次はお互いのH嗜好を知る時期です。
彼は本当はどんなHが好きなんだろう?と彼のパーソナリティへの興味を深くするとともに、自分自身のH嗜好にもアンテナを張り

「実は私、こんなHがしてみたいんだ」

と彼に知ってもらう準備を始めましょう。彼と一緒にいる時間とともに、Hでの関わり方も変わっていきます。

3.秘めたセクシャリティを打ち明けましょう

「最近なんだかいつも一緒だな…」

とうとうマンネリ化が始まったら。これまで張っていたアンテナで集めた情報を生かす時です。

「実は私、こんなHがしてみたいんだ」

頭の中だけで想像していた理想のH、してみたかったプレイを彼に伝えましょう。
自分の秘めたるセクシャリティを伝える時、彼にどう思われるんだろう?恥ずかしすぎるし、今さらって思われないかな?様々な思いがあなたの頭と心を駆け巡るはずです。

その逡巡が新たな刺激となって、二人のHをもう一度盛り上げてくれます。
真っ赤になって性癖をつたえるあなたを見て、彼は間違いなく「こいつ、こんなに可愛かったんだ!」と惚れ直してくれますよ。

4.彼のセクシャリティを受け止めましょう。

あなたのセクシャリティを伝えたら、今度は「ホントは、こんなHも好きだったんじゃない?」

集めた情報から、彼の性癖を一つ一つ確かめていきましょう。

「私の性癖も教えたんだから、あなたのも教えてよ~!」

こんな風に可愛く迫るのもいいですね。
彼だって、誰にも見せたことのない自分のセクシャリティをオープンにするのは恥ずかしいことです。清水の舞台から飛び降りる気持ちでしょう。
自分の本当を見せるのは、誰だって怖いのです。

ですから、あなたは彼の本当の姿、どんな本音も全て受け止めるつもりで、彼の性癖を聞いてくださいね。

おわりに

できることなら男性にリードされたい。これが女性の本音でしょう。
しかしながら、イマドキの男性はリード上手とは言えません。自分が傷つくのが怖いからです。自分が傷つかないように、相手もできるだけ傷つけないように、いい距離感を保とうとします。

しかしその距離感は、マンネリ打破にはまったくもって不要なものです。彼が動いてくれるのを待っていては、いつまでたっても状況は変わりません。マンネリだと気がついて、打破したいと思った人だけが状況を変えられます。

あなたから動くことで二人の関係がますます深まるのであれば、マンネリ打破への第一歩は、今を変えたいと願うあなたから踏み出してみてはどうでしょうか。(小室友里/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事