2011.03.10

つらーい朝バイバイ!低血圧を改善する方法

収縮期の血圧が100mmHg以下である状態を低血圧といいます。一般に、低血圧は血行不良をもたらします。そのため、個人の体質にもよりますが、慢性的な肩こりや偏頭痛などさまざまな不快な症状を引き起こすのです。

低血圧の原因は、体質・食生活・精神的なストレス・加齢によるホルモンバランスの崩れなど、原因は人それぞれです。

では、どのような食事と生活習慣が低血圧を改善するのでしょうか。

チーズ類を摂る

特にチェダーチーズがお勧めです。

ホルモンが血圧を上げる際に必要な物質が含まれています。

食後に、緑茶・紅茶・コーヒーを飲む

食後、一日3回ほどカフェインを摂りましょう。

カフェインは交感神経を刺激して、血液の循環を促します。

水分をこまめに摂る

水分を補給すると血圧が上昇します。二時間ほど効果が持続しますので、二時間おきにコップ一杯の水を飲むようにしましょう。

充分な睡眠と朝シャワー

生活のリズムをしっかり守り、朝起きてシャワーを浴びましょう。

 

シャワーが辛ければ、お湯をひざ下・足先にかけるだけでも構いません。とにかく血行を促して、朝から交感神経をしっかり働かせることが大切なんです。

伸縮性の高い靴下をはく

女性の場合はストッキングを履く人が多いかと思います。脚を適度に締め付けるストッキングは、血行を促すため、低血圧の緩和に役立ちます。

 

男性の場合はスポーツ用のサポーターを足首からふくらはぎまで着けて、その上に靴下をはきましょう。サポーターはきつ過ぎないものを選んでください。 

さいごに

低血圧の改善方法は「いかに血行を良くするのか」です。

薬だけに頼ることなく、日常生活でできる対策があるなら、予防のためにもやってみませんか?

関連記事