2015.12.08

『何でもいい』じゃダメ!クリスマスプレゼントの上手なおねだり方法・4選


あっという間に12月。世間はクリスマスムード一色になってきました。恋人がいる人は、彼氏へのクリスマスプレゼントをそろそろ考え出しているという人も多いはず。
そうなってくるとちょっと気になるのが、彼からのクリスマスプレゼントはなんだろう?ということ。

もちろん大好きな彼からプレゼントをもらえるだけで嬉しいですが、ぶっちゃけるなら自分が今一番欲しいものを贈ってもらいたいですよね。それに鈍感な彼だと『クリスマスプレゼントって必要なの?ごめん準備してなかった。』なんてことも有り得るかも。

そこで今回は『クリスマスプレゼントの上手なおねだり方法』について20代男女にアンケートを取ってきました。

1.『これが欲しい』とはっきり言う

「もう何が欲しいかなんて分かんないから、はっきり言って欲しい。」(25歳男性/営業)

男性だって使ってもらえないものをわざわざプレゼントしたくないはず。
『クリスマスプレゼントはこれが欲しいな』とはっきり言ってしまえば、彼の悩む負担も減りますしね。せっかくの機会なのですから、ストレートにおねだりしちゃいましょう!

2.アピールして匂わせる

「一緒に買い物に行った時に『これ可愛い~』とさり気なくアピールしておく。」(20歳女性/大学生)

二人でショッピングデートをした時に、『これ欲しいな』と思うものをさりげなく伝えておきましょう。彼も『へぇ~こういうのが好きなんだ』と気に留めておいてくれるかも。
雑誌を読んでいる時に『私こういう洋服好きなんだけどどうかな~?』と彼に振ってみるのも使えるテク。

ポイントは彼のお財布事情に合わせること!あまり高すぎるものだと『いや…俺の給料じゃ買えないし…』とはなから相手にしてもらえない可能性が。

逆に気を使って安いものにしてしまうと『自分で買えるじゃん』ってなっちゃいますからね。ちょうどいいお値段のものを狙っていきましょう。

3.先に『クリスマスプレゼント何が欲しい?』と聞いてしまう

「彼女に『クリスマスプレゼントは何が欲しい?』と聞かれて、『あ、そういえばもうそんな季節だ』と気が付いた。」(27歳男性/商社)

こちらは先手を打ってしまう方法です。
彼女が何がほしいか要望を聞いた上でプレゼントを用意してくれると知ったら、大抵の彼氏は『自分も何か買わなきゃ』『彼女が何を欲しいか把握しなきゃ』となるはず。

『自分は彼にプレゼントを買ったのに、彼は何もくれなかった…』を避けるためにも、先回りして聞いちゃいましょう!

4.『ペアリング見に行きたいな』と提案する

「彼に『ペアリング見に行きたい!』って頼んだらクリスマスデートは指輪を買いに行くことに。それ以来、デートの時はお互いにペアリングをつけています。」(23歳/一般事務)

誕生日と異なり、お互いにプレゼントを贈りあうクリスマス。彼の誕生日に女性の方からペア物を贈るのはちょっとずうずうしいかな…と感じる人も、このタイミングなら頼みやすいのではないでしょうか。

二人でペアリングを選びに行けば、自分の欲しいデザインのものを買えますし、新婚気分も味わえちゃいます。
普段ペアリングを買うのは恥ずかしい…という男性も、『クリスマスなら良い記念にもなるし!』とOKしてくれるかもしれませんよ。

おわりに

いかがでしたか?どの方法も実用的で使えますよね。
彼の性格に合わせて、是非実践してみてくださいね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事