2015.12.09

クリスマスまでにはぽっこりを何とかしたい!インスタでもオシャレに見える便秘解消食材


皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。
寒くなってきて、外出やウォーキング、お散歩もついついサボりがちな季節。運動不足も重なってなんだかお腹ぽっこり・・・

やばい。クリスマスには細身のワンピースが着たいのに。とはいえ、せっせと便秘解消ばかりを目指すのはちょっと寂しい。毎日UPしているインスタでもオシャレに見える食材はないものか?「目的は便秘解消です」なんてまるでわからないような食材を集めてみました。女子力高めな食事に見せつつ、しっかりぽっこりを解消できるアレコレです。

◇おしゃれにりんご

りんごは腸に優しいべクチンを含んでいて便通を促す食材です。
便秘といえばりんご。りんごといえば便秘、と便秘解消とは切っても切れないフルーツと言えます。とはいえ、ただ「うさぎりんご」にするだけじゃちょっと寂しい。写真に撮ってオシャレに見えるといえば、焼きりんごやヨーグルトとのコラボではないでしょうか? 
ココナッツオイルで焼いたりんごにシナモンをかけるだけでもかわいいですが、ヨーグルトに薄くスライスしたりんごを並べて、フレークとシナモンを掛けてもかわいい写真ができあがります。

◇ごぼうでお料理上手

ごぼうってかわいく撮影できるのかな?と一瞬頭をかすめますが、不思議とごぼうを上手に使ったお料理の写真って「料理上手に見える」雰囲気があります。キレイに灰汁を抜いたごぼうをメインにお味噌汁でも作ってしまいましょう。ネギと唐辛子の緑と赤をふりかけて撮影するのをお忘れなく。ごぼうは食物繊維を豊富に含む食材の代表格です。ごぼうに含まれるヘミエルロースは消化吸収されず便通を促す役割をします。料理上手に見えつつ、便秘も解消。女子力ぐいぐいUPですね。

◇さつまいもで家カフェ

さつまいもはバターやオイルで焼いてシナモンをかけるだけでもかわいいですし、はちみつと和えてゴマを振るだけでも立派な一品に見える食材です。そして何より、カットした焼き芋にバニラアイスや生クリームを添えるだけで、おしゃれな家カフェデザートに見えたりします。さつまいものビタミンCは加熱しても壊れにくく、ビタミンも豊富なうえ、ヤラピンが便秘解消にうってつけ。ただの焼き芋をかわいく撮影するのは難しいですが、ちょっと何かを添えるだけで焼き芋がおしゃれデザートに早変わりです。

◇夜はレタスで安眠

レタスって安眠効果があることご存知ですか?レタスを切った時に出る汁に神経を鎮めて安眠を促す効果があるそうで、豊富な食物繊維はもちろんのこと、睡眠不足での便秘の解消にも役立つ食材なのです。レタスの葉にみじん切りのトマトと玉ねぎをのせるだけでも、炒めたひき肉を乗せるだけでもカフェ飯に見えるレタス。かわいく活用してみてください。

◇おわりに

「便秘解消」だけを目的に黙々と食事をするのもいいですが、ちょっとおしゃれに盛り付けするだけでも気分UPに繋がりますし、かわいい写真が撮れるだけでもうきうきしますよね。便秘にストレスは大敵です。どうせなら楽しんで便秘解消してみてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事