2011.03.16

立ち上がる力を失わないために・・・前を向いて歩こう!災害のあとに心を落ち着ける方法

2011年東北地方太平洋沖地震は未曽有の大災害となりました。いまだ被災地で避難所生活を続けている方は、もちろん特別な心のケアが必要です。

 

今回は、それ以外の地域で、直接の被害が少なかった人にも必要な、心のケアについてまとめてみました。

子供に長時間地震の映像を見させない

連日連夜、テレビでは災害の映像が流れています。

もちろん、被災地の状況を知る事、地震情報をチェックすることは大切ですが、

子供は大人の想像以上にデリケートで、ショックを受けやすい生き物です。

 

大人でも知らず知らずのうちに、長時間の災害映像で精神が不安定になることもあります。

 

何時間もテレビをつけっぱなしにするのではなく、ラジオに切り替えて音だけにする、必要な時に少しづつテレビをチェックするなどしましょう。

正しい情報を入手し、悪いニュースを求めない

原子力発電所の事故で、放射能の影響はもちろん心配ですが、「今すぐ関東から逃げなくては」と思っている人もいるようです。スーパーで物を買い占める人も多いですが、不必要に不安がってはいないでしょうか?

人間には、悲観的になりたがる、悪いニュースを求めたがる癖があると言われています。

 

正しい情報を手に入れて、落ちついた行動を取るように心がけましょう。

いつも通りの日常生活を心がける

災害があると気持ちがふさぎこんで、家に引きこもりがちになってしまうことがあります。

 

首都圏では電車のダイヤに混乱が生じていますが、少しの遅れは目をつぶって、仕事をしたり、出かけたりと普段通りの生活を心がけましょう。

節電、募金など自分に出来ることをする

災害地以外の人は、「自分には何もできない」と思っていませんか?

無力感を感じることで落ち込んだり、災害の情報を避けようとしてしまうことがあります。まずは、自分にできることを見つけて、実行することが大切です。 

 

節電の方法は、こちら↓

「簡単にできる節電方法」

http://howcollect.jp/article/1570

 

寄付についは、こちらも参考になります↓

http://howcollect.jp/article/1577

家族や友人、身の回りの人と声を掛け合う

大きな災害を一人の心の中だけで受け止めていくのはよくありません。自分の身近な人達と「大丈夫?」「がんばろうね」と声を掛け合い、励まし合いましょう。

 

日ごろ家族と疎遠になっていた人も、しっかりと絆を確認する機会です。

みんなでこの災害を乗り越えていくという空気が、心をより落ち着かせてくれるはずです。

関連記事