2011.03.16

最新のニュースが自分から飛び込んできてくれる!InternetExplorerでRSSを登録する方法

各メディアのサイトを一通りチェックしている人は少なくないでしょう。お気に入りに登録した新聞系サイトやポータルサイトを次々に巡回し、最新ニュースをチェック、というのが一般的なチェック方法ではないでしょうか。

しかし最新ニュースだけチェックしたい人にとって、これらをいちいち巡回するのは面倒。せっかく訪れたものの、最新情報がないということも起こりえません。

そこで役立つのが「RSS」です。サイトの更新情報を自動収集し、わざわざサイトを順番に訪れることなく最新情報をチェックできます。

ここではInternetExplorerを使ったRSS登録方法を紹介します。

 


更新情報を登録しよう

選択した内容がどのようなものか解説されます(サイトにより異なります)。問題なければ「このフィードを購読する」をクリックして登録します。

 

 

名称を設定しよう

登録したRSSがどのニュースサイトのどんな情報となるのか、名称を登録しましょう。「購読」をクリックして設定は完了です。

さいごに

RSSはWebサイトからニュースを収集するユーザーにとって非常に便利な機能です。自分でサイトを訪れることなく最新情報がブラウザから確認できます。

 

不要なら簡単に登録を解除できますので、まずは試しにと、一度使ってみてはいかがでしょう?

フィード情報を表示しよう

RSSはWebサイトが対応していなければ利用できません。主要なニュースサイトはおおむね対応しています。

 

RSSに対応するWebサイトを開き、コマンドバーのフィード情報を表示する専用アイコンの横にある逆三角形のアイコンをクリックします。RSSに対応するリストが表示され、その中から登録したいものを選択します。

 

関連記事