2015.12.24

華麗なる変身も夢じゃない!?パッとしない彼を雰囲気イケメンにする方法・4選


最近増えつつあるのが「雰囲気イケメン」。筆者が思うに、実は彼ら、相当な努力家なんです。
鏡の前での研究を惜しまず、ネットで仕入れた情報や周りの女子の反応を確認しながら改良を重ねた結果、非イケメンなりに「自分のベストな魅せ方」に辿り着いた、というわけ。

つまり、これは本人との努力次第だと言えます。生まれつきの外見はどうしようもありませんが、「雰囲気」ならどんな男子でも作れるからです。
ここは愛する彼をイケメンにするため、あなたが一念発起してみてはいかが!?

1.細部まで「清潔感」を意識させる

「彼女と初デートした時にガッカリされたのが、カバンと靴が汚れてたこと。
俺は全然気付かなかったけど、後からやんわりと指摘されましたね。女子はやっぱり見てるもんだなー」(25歳/男性/運輸)

「手つないだ時に、なんかすっごい乾燥しててガサガサだった・・・。触れ合う箇所は男子だってケアすべき」(22歳/女性/学生)

最も多かった意見は「清潔感」。ばっちりキメているつもりでも、身につけているアイテムのお手入れが行き届いていないと残念な印象を与えます。

また、大半の男性は女子のように日常的なスキンケアをしていないと考えられるので、時に体のパーツが不潔に映ってしまうことも。

デキる男性はそういう細かいところへの意識が抜かりなく、常に相手へ与える印象に気を遣っているからこそモテるのですが、気付かない彼の場合には間接的に教えてあげるのが良さそう。

お泊りデートでボディクリームを塗り合いっこする、シャツにアイロンをかけてあげるなど、さりげなく試してみて。

2.体型に合った「キレカジ」ファッションをさせる

2.体型に合った「キレカジ」ファッションをさせる
「自分のキャンパスにもジャージやスウェットの奴いるけど、「話かけないで下さい」と言ってるようなもの。
例えブサイクでも諦め感漂わせたら終わりっしょ」(21歳/男性/学生)

「トップスはジャストサイズを選んで、下はチノパンとかすっきりシンプルに履いて欲しい。
あとカーディガンもマスト!たいていの男がシャツに羽織ったら雰囲気イケメンになれるから(笑)」(23歳/女性/飲食)

スポーツウェア(運動部?)やダボッとしたデニム着用の男性陣、筆者もキャンパスで頻繁に見かけるのですが、もしデートでこれだったら・・・と思うとやはり手抜き感が拭えません。
きちんとした雰囲気を作り出すのに、身体のサイズに合った「キレイめカジュアル」はもってこいです。

もし「足が短いから・・・」などと彼が躊躇していたら、一緒に買い物へ出掛けて試着室から出てきた彼を褒めちぎりましょう。

3.美容室へ連れていき「髪型イケメン」にさせる

「雰囲気=髪型が全てかと。ワックスでガチガチに固めたり、パーマ当てすぎたり、いかにもって感じは嫌。理想は綾野剛」(20歳/女性/学生)

「雰囲気イケメン」は「髪型イケメン」と言い換え可能!それだけ髪型が全体の印象を決めるといっても過言ではありません。
ネットで検索したら一目瞭然ですが、イケメン「風」を作り出す髪型にはある一定の基準があります。

それは、「長め前髪で小顔効果」「トップのボリューム」がありながら、整髪料で固めたりせず、たとえ強風が吹いて崩れても澄ました顔をしていられるような、「ナチュラルさ」に重点を置いたヘアなのです。

これを維持するには1.美容室へ通うこと、2.毎朝のスタイリング(ドライヤーの当て方)がとっても大事。
未だ1000円カットやママカット、セルフカットの彼をお持ちの方は、今すぐ美容院へ連れて行ってあげましょうね。

4.「根拠のない自信」をつけさせる

「行き過ぎるとただのキモい人だけど、ある程度根拠のない自信は必要かと。
奥手なイケメンより多少勘違いした雰囲気イケメンの方が人間らしくていいかなって思うし」(23歳/女性/公務員)

これには筆者も納得です。「彼氏が長身・端正な顔立ちのイケメンだったらなあ…」と妄想してしまう時もありますが、最初から期待のハードルが高くなりがちなため、実際に会って話してみるとガッカリすることも。
それより、付き合う相手は話が面白くて自分の身の丈に合っていて、かつ外見にまで気を遣った雰囲気イケメンの方が良いという女子は多いのではないでしょうか。

「雰囲気イケメンである」ということに自信を持っている男は自然と輝いて見えますから、心の中では「坊主にしたら絶対ブサイク」と思っていたとしても、「かっこいい!」と彼を褒めて育てる習慣をつけましょう。

おわりに

「私の彼、なんか冴えないわ…」と悩んでいる人、ぜひ参考にしてみて下さいね。
(成瀬いづみ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事