もっと彼とラブラブになるために「彼と共有するべき」5つの秘密



恋人どうしであっても、友だちどうしであっても、秘密を共有すれば、その関係はぐっと深まるものです。

今回は、彼と共有することでラブラブになれる秘密をご紹介します。さっそく見ていきましょう!

1.エッチなこと

「お互いの性癖って恋人同士にならないとわからないことなので、彼と性癖を共有しあえば、かなりラブラブになれるはず!」(22歳/大学生)

最初は「彼にドン引きされたらどうしよう」という不安から、エッチの話題を自分から口にできない人も多いと思います。

でも実は、エッチの話題は彼との仲を深める、とっておきの話題だったりします。最初は理解し合えなくても、徐々にお互いの性癖を理解し合えたとき、急激に仲が深まるかもしれません。

そもそもドン引きして消えてゆくような男って、彼氏としてはイマイチだったということではないでしょうか。

2.家族のこと

「母のことや兄妹のことなどを共有しあうと、わりとラブラブになれますよ」(24歳/ネイリスト)

「昨日、母親にこう言われて」とか「昨日、妹と洋服の貸し借りでケンカになって」というような話って、男子には興味のない話題かと思いきや、実は男子が聞きたい話だったりします。

女の子が大好きな彼のすべてを知りたいのと同じように、彼だって「あなたのすべて」を知りたいのです。

3.ペットのこと

「ペット自慢をすると嫌われるという意見もありますが、飼っているペットのことを彼と共有したら、どことなく彼と家族になれた気分になります。」(25歳/モデル)

ただのペット自慢では仲がよくなるキッカケとはなりませんが、自分の最愛のペットを彼に一緒に可愛がってもらうことで、「ふたりの大事な我が子」のような感覚が芽生えるのかもしれませんね。

4.ダサかった高校時代のこと

「あたしは田舎の高校だったので、ジャージにヘルメットという格好で登下校していました。
ダサかった高校時代のことを勇気を持って彼に話すと、彼も学生時代の話をしてくれて、仲が深まりました。」(24歳/ネイリスト)

どんなにイケてるかっこいい彼だって、丸刈り頭でジャージ登校…なんて、今の姿からは想像できないほど、イケてない高校時代を送っていたかもしれません。

ダサかった過去があるのなら、ひとりコンプレックスとして抱え込んだりせずに、彼と共有するのもアリでしょう。ふたりでダサかった過去を笑い話にできたら幸せですよね。

5.ふたりだけの匂い

「あたしはひそかに彼が使っている香水を買って持っています。彼はあたしの部屋のにおいが好きだそうです。
お互いにお互いの香りが好きというのって、なんかよくないですか?」(26歳/派遣社員)

同じ香水を使っていてもその人の体温や生活スタイルによって香りは違うって言いますし、匂いって、ある意味、その人独自のもの、秘密みたいなものですよね。

カップルでお互いの香りを認めあい、共有できるようになれば、親密度が上がるというのも理解できます。

おわりに

いかがでしたか?
男子は「俺しか知らない彼女の秘密」を知ることが大好きです。「俺しか知らない彼女のお尻のほくろ」とか、「俺しか見ることができない彼女の水着の日焼けの跡」など…。

「ドン引きされたらどうしよう…」と思うような秘密を話すことで、彼が喜んでくれる場合もたくさんあります。

受け止めてくれないようであれば、女子のほうからバイバイしちゃえばいいのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)