女子の「小手先の恋愛テクニック」は、たいていの男子に見抜かれているという事実



女子の小手先の恋愛テクニックは、たいていの場合、男子に見抜かれています。そのときその瞬間に見抜くときもあれば、何年も経ったのちに見抜くこともあります。

でも見抜いたからといって、男子はそう悪い気持ちにならないものです。

おれのために頑張ってくれてありがとう

女子の恋愛テクニックを見抜いた男子は、「この子、あざといな」と感じることもあります。

でも、ときが経つと「その子の頑張り」に思いをはせる……こういうこともあります。

飲み会でとにかく意中の男子にモテようと思って、その男子が好きそうなファッションをしてくる女子。たとえば真冬の寒いときに、生脚にミニスカートといういでたちでやってくる女子。
こういう女子を前に、男子は「この子、おれの気を引こうとしているのかな」くらいのことは思うはずです。
好きという気持ちは空を飛ぶので、もれなく男子に伝わっているものです。

生脚にミニスカートの女子のことを、さほど気に入っておらず、結果的に付き合えなかったとしても、男子は女子の頑張りを思います。寒いのにわざわざこんなかっこうをしてきてきたなんて! 

もしかしておれの気を引くため? そうであれば、ありがとう!
つまり、「おれのために頑張ってくれてありがとう」と、男子はひそかに思っています。

どんどん恋愛テクニックを使うといい

だから、いま彼氏がおらず、これから彼氏を作りたいと思っている女子は、好きな男子に対してどんどん恋愛テクニックを使うといいと思います。
あなたのその頑張り、彼はきっと見ています。

いま彼氏がいて、もっとラブラブになりたいと思っている女子も、いっぱい小手先の恋愛テクニックを使うといいと思います。
あなたのその頑張り、彼はきっと見ています。

愛が深まる瞬間

彼がテクニックを見抜いた瞬間、それは確実に愛が深まる瞬間です。

「おれのために、わざわざバレる覚悟を承知でこんなことをしてくれたなんて!なんていい女なんだろう」

こう思わずに、「小手先のテクニックを使いやがって、なんて軽い女なんだろう」と彼が思うようであれば、そんな彼なんて、捨ててしまえばいいでしょう。

あるいは彼があまりにも鈍感で、あなたが使っている恋愛テクニックを1%も読み取らなかったら、そんな鈍い男なんて捨ててしまえばいいでしょう。

男子は外見よりも内面に敏感

つまり男子は、女子の外見もさることながら、女子の内面もきっちりと見ているということです。

男子は「したがりさん」だから、胸を盛って生脚で会いに行こう……もちろん女子のこの判断に(たぶん)まちがいはないものですが、こういった「おっぱいの体積やナマっぽいもの」とおなじくらい、男子は女子の内面に敏感です。

恋愛が3ヵ月以上続かないという女子は、もっと内面を磨いたほうがいい。すべてを脱ぎ棄てたところで勝負する覚悟を持ったほうがいい。

作りかけの笑顔も、盛れるおっぱいのパッドも、飲み会の「お取り分け」もボディタッチもすべて捨ててもなお、あなたに残る魅力……それこそが、彼の感じる真のあなたの魅力なのです。

魅力的な内面が「できた過程」を知りたい。おそらく男子の恋愛における原動力は、このへんにあるのではないかと思います。

つまり、小手先のテクニックを見抜いてもなお残る、「この女子のことをもっと知りたい!」という気持ち。これが男子にとって「恋すること」なのでしょう。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)