もう「わがまま」とは言わせない!甘え上手な女子になる秘訣・4選


甘え上手と言われる女子は、演出上手。適度に相手を頼って、振り回して、でもワガママだとは思われない、そんな絶妙なポイントを上手におさえています。

たぶん、相手から見た自分を冷静に分析できているということなんでしょうね。

今回はそんな甘え上手な女子になるための秘訣について、自他ともに認める甘え上手な女子たちにインタビューしてきました。

1.軽くわがままを言う

「じつは私自身、昔は甘え下手で彼氏の前で素直になれなかった。このままじゃマズイと思って、軽く冗談っぽくわがままを言うよう心がけたら、成功して、少しずつ彼に甘えられるようになった。
甘え下手な女子は、彼に甘えようと思うと真剣になりすぎちゃうのかも?もっと肩の力を抜いて、ゆる~く彼にわがままを言ってみるといいよ」(27歳/営業)

普段甘えていない女子が、突然彼に甘えようとすると、限度がわからず失敗しがち。考えこんだ結果、急なお願いになってしまったり、限度を間違えてしまったり…。

なかなか上手に甘えられず悩んでいる女子は、冗談っぽく軽く言ってみることから始めてみるといいでしょう。

2.甘えるのではなく、お願いをしてみる

「彼に甘えるっていうと、どうしても“わがままだと思われたら、どうしよう?”と心配になっちゃう女子っていると思う。このタイプは甘えることに罪悪感を抱くんだよね。
だから、甘えるのではなく、彼にお願いしてみるって意識でいるといいかも。
たとえば、困ったことがあったら、彼にサポートをお願いする、みたいな。ちょっと甘えやすくなると思う」(28歳/SE)

甘え下手な女子は、甘えることに罪悪感を抱いてしまっているのかもしれませんね。

それを払拭するためには、甘えるのではなく、彼にお願いするという気持ちでいるのも有効な手段のひとつ。罪悪感のレベルが下がれば、甘えやすくなるはずですよ。

3.自分を取り繕わず素直になる

「私も甘え下手だったけど、そのときって相手から嫌われないように、必死で自分を取り繕っていたんだよね。彼に甘えたら、嫌われちゃうかも?って常に思っていたし…。
でも、それって逆効果だった。相手も若干引いてたし。それから、自分を取り繕わずに、素直な気持ちを相手に伝えるようにしたら、甘えるの上手くなったよ」(23歳/販売)

甘え下手なのは、じつは自分をよく見せたい心の現れなのかもしれませんね。しかし、取り繕っているのは、相手にも薄々伝わってしまうもの。

甘え上手になりたいのなら、自分の心を開放して、素直な気持ちを伝えた方がいいでしょう。甘え上手になる近道だと言えますよ。

4.甘え上手な人の仕草を盗む

「きっと周りにひとりは甘え上手な女子がいると思うんだ。そういう子を観察してみると、絶妙なタイミングである仕草をしていたりする。彼に甘えるとき腕に触れるとかね…。
そういう女子から学べることは多いと思うから、観察して真似してみるといいよ。だんだん甘え上手が身につくから」(30歳/美容部員)

甘え上手な女子から学ぶべきことは確かに多いでしょう。身近に甘え上手な女子がいたら、さり気なく男子への甘え方を観察してみてくださいね。

最初は見よう見まねになってしまうかもしれませが、少しずつあなたなりの甘え方が身についていくでしょう。

さいごに

甘え上手になるためには、甘えることへの罪悪感を消しつつ、身近にいる甘え上手な女子のテクニックを真似ることから始めてみるといいでしょう。

相手に嫌われることを恐れずに甘え続けていけば、きっと甘え上手になれるはずですよ。(羽音/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)