寒さも恋の味方に!彼との距離が一気に縮まる「冬のラブシチュエーション」4選


こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
冬になると、寒さのせいか自然と人肌が恋しくなるもの。
皆さんも、ふと大好きな彼のことを考えてしまうのではないでしょうか。

そんな恋の季節、せっかくなら寒さを味方にして彼との距離を一気に縮めたいですよね。
そこで今回は、冬だからこそ作りだせる「ドキドキシチュエーション」についてご紹介したいと思います。

1.コートのポケットの中で手を繋ぐ

「やっぱ定番だけどこれが良いよね。見えないところで繋がっている感が、ドキドキさを増してくれるというか。」(25歳男性/介護士)

彼氏がいる、またはいたことのある女性はこのシチュエーションを経験している方も多いでしょう。

彼とデートをしてお店を出た時に「寒い~」なんていって、自然と彼のコートの中に手を入れれば、あとはもう手を繋ぐだけ!
ポケットという見えない部位で、密かに愛を育んでみてはいかがでしょうか。

2.お互いの頬を触り合う

「私は『冷えたね~』って言いながら彼のほっぺたを触る(笑)そのままチューとかもしちゃうしね。」(23歳女性/事務)

外デートからのお家という流れでは、このシチュエーションがとても役に立つと思います。
「外、本当に寒かったね~」なんて言いながら、お家で彼の頬を触ればそこからムードが出来上がること間違いナシです。

外でやると周囲から痛い目で見られる可能性があるので、出来るだけ周囲の目が気にならないお家やホテルなんかでやってみると良いかもしれません。

3.こたつの中で足を突っつき合う

「家デートの醍醐味ってやっぱこれじゃん。じゃれ合いながら、こたつの中でお互いの足を突っつき合いたい!」(27歳男性/エンジニア)

2人きりの空間ではもちろん、友人たちと集まっている時でもこれはできるかと思います。
「誰かに気づかれるかもしれない・・・」なんていう背徳感にも近い感情を抱きながら、これもまた見えない空間でイチャイチャすることが出来ます。

しかし、誤って違う友達の足を突っついてしまう可能性も大アリ。
「ハイレベルすぎる!」と思った方は、無難に2人きりの時に足をつつき合って彼氏とイチャイチャしましょう。

2人きりだとエッチなムードに持っていくことも可能ですので、彼とそういうことをしたいと考える女性はこのシチュエーションを使ってみると良いですね。

4.肉まんを半分こにして食べる

「寒い外で好きな人と肉まんを半分こして食べるの、多分、女の子なら憧れるシチュエーションだと思う!」(22歳女性/学生)

これは私個人的にオススメのシチュエーションです。
肉まんはコンビニに入ればどこにでも売っている、とても身近なメニューですが、冬のラブアイテムとしても非常に有効活用できる万能なものでもあるのです。

彼氏だけでなく、片想いしている彼との距離を縮めたい方も勇気を出してコンビニで「肉まん食べない?」と誘ってみる価値はアリ。

1つのものを共有するのは、心理的にも人との距離を縮めてくれる効果があるので、是非やってみてください。

おわりに

こうして見てみると、冬って本当に恋愛が進めやすい季節なのかなと思います。これ以外にも多くのラブシチュエーションが冬には存在しますし。

是非、冬の寒さを味方につけて、好きな彼との距離を縮めてみてくださいね。(矢沢ゆう/ライター)

(ハウコレ編集部)