2016.01.14

バレンタイン直前!淡泊な彼を、チョコより甘~いエッチに誘う方法とは!?

本格的な冬が到来!この季節は、ついつい人肌恋しくなってしまいますよね。

間近に迫ってきたバレンタイン。「1年に1度のバレンタインは、大好きな彼に思い切り求められたい!」。でも、普段から忙しい彼。ただ押しが弱いだけかもいしれませんが、あまり積極的に手を出してこないことも。

「もしかして、私の色気が足りない!?」そんなちょっと心配なあなたに、バレンタインで彼の「肉食スイッチ」をオンにする秘密の方法をご紹介します。

彼の肉食スイッチをオンにする方法とは……「嗅覚」への刺激!

「彼のことは大好きだけど、エッチが少ないのが不満…」「仲は良いけどセックスレス…」「何度も飲みに誘われるけど、毎回何もなく終わる…」。実はそんな悩みを抱える女性が多くなっているようです。

しかし、そんな淡泊な男性の本能に一瞬で火を付ける方法があるのです!
その秘密は……嗅覚。

五感の中でも嗅覚は、脳の本能的な感情部分に伝達されるので、何か答えを「考える」前に、本能で「感じて」しまうようです。嗅覚は他の味覚や視覚とは違い、ダイレクトに男性の感情や本能を支配してしまうことができます。

実際にセクシャルヘルスケア専門ブランド、LCラブコスメの調査でも、92%の男性が「女性の香りをかいで、したくなったことがある」と答えていました。

さらにオスの哺乳類は、メスのフェロモン(香り)によって性衝動(リビドー)が発動すると言われています。

つまり、男性の本能を刺激するフェロモンの香りを嗅がせることが、男性の「エッチしたい!」という衝動に火を付ける秘訣。それを知っている女性は、彼の本能をくすぐるために、特別な香りの効果を上手く使っているのです。

「リビドーロゼ」使用者のうらやましいオノロケを拝見!

≪「この香りヤバいよ。もう触っていい?」と彼に言われ…≫
(ぞうさん☆さん/30歳/会社員)

彼とそういう関係になってから、約2ヶ月。もっと魅力的な女性でありたいと思って、購入しました。彼に会う当日、手首と胸に一吹きずつ。
家に着いて話をしているときに、彼が急に膝枕をしてきました。そのうち、太ももに顔を擦り寄せてきます…。くすぐったくて、思わずちょっとエッチな声が出てしまいました。彼が「この匂いヤバいよ。もう触っていい?」と言い終わらないうちに、手が伸びてきました。
その後、ベッドへ強制連行。今まではお互いの身体を触り合ったりキスし合ったりするだけでしたが、この日はとうとう挿入まで。大切に全身愛撫されて、本当にリビドーロゼのお蔭だと感謝しています。


≪「ごめん…場所変えていい?」とホテルへ行こうとする彼が。≫
(ずりさん /24歳/事務職)

出会って10ヶ月。お互いに好意は抱いているけど、なかなか付き合うところまで至らず。さすがに10ヶ月という月日にモヤモヤして、リビドーロゼを購入。デートの前にひと吹きしてから会いに行きました。
食事が済み、彼が夜景スポットに連れて行ってくれました。そこで一気に急展開!抱きつかれて、彼に耳元で「すごくいい匂いがする」と言われたんです。そのあと車に戻ると、また助手席のわたしをギュッとしてくれました。今度は首筋に顔を埋めて首と口に何度となくキスの嵐。「やばい」を小さな声で連呼し始める彼。次第に彼がわたしの服を捲り上げ、生身の肌に触れてきました。するとついに、「ごめん…場所変えていい?」とホテルへ行こうとする彼が。すごく嬉しくて、私自身もたくさん感じてしまいました。

彼の本能を刺激せよ!LCラブコスメのベッド専用香水「リビドーロゼ」

彼女たちが「ここぞ!」という時に使った特別な香水。これは、男性の嗅覚を刺激し、フェロモンの力によってオスの本能を呼び覚ますアイテムが、LCラブコスメが開発した「ベッド専用香水 リビドーロゼ」

使い方は簡単です。普通の香水と同じように、耳元の後ろやうなじに適量塗りましょう。官能的なレベルを上げたいときは、太ももの内側やワキ腹などのポイントに塗るのもオススメ。

「ベッド専用香水 リビドーロゼ」は、男性が好む優しいせっけんの香りをベースに、昔から催淫特性があると言われている「イランイラン花油」や、フェロモンを意識した「オスモフェリン」などの香りが緻密に配合されています。

男性が大好きな「お風呂上がりの女性の香り」で惹きつけ、さらに時間が経つごとに繊細に変化していくフェロモンの香りで、最高のラブタイムを演出してくれます。

ただし、ベッド専用香水は使用してはいけない場面もあります。その商品説明に、「あまり興味のない方の前でのご使用はお控えください」と注意書きされており、特にその気がない男性の前では使用しないようにしましょう。

「リビドーロゼ」で、チョコのように甘くてトロけるラブタイムを過ごして!

「彼が誘ってこないのは、色気が足りないからかな…」なんて悩んでいる女性は、単に男性のエッチ心の刺激方法を心得ていなかっただけかもしれません。

「リビドーロゼ」を開発したLCラブコスメは、日本初の女性専用の「セクシャルヘルスケア」のブランド。他にも、アンダーヘアケアセット、オーラルセックスが美味しくなる食べられるローション、モテ膣を意識したデリケートゾーンの特別なパックなど、女性特有のお悩みをケアするアイテムを見つけられます。

自分からベッドに誘うのがちょっと苦手な女性も、「リビドーロゼ」の香りの魔法を使えばカンタン。男性の本能を刺激する香りを使って、バレンタインは積極的に甘い時間を自分から上手に作ってみませんか?大好きな彼と、チョコよりも甘くてトロけるラブタイムを過ごすことができるかも!

関連記事