相手の心をつかむ相性チェック!サ行編 名前の最初の文字でわかるコトダマ診断

名前の最初の一文字には音韻のパワーが込められています。ア行~ワ行の10のタイプに分類される音の響きであなたの全てが分かります。そこで今回は、音の響きを活用して性格を分類する「コトダマ診断」にて、タイプ別の相性と、その相手の心をつかむためのテクニックをご紹介いたします。今回は、サ行のあなたとの相性を、それぞれ見ていきましょう。

(例)タイプの見つけ方:もし涼子なら…最初の一文字は「り」⇒ラ行タイプ

素直な木のタイプ……カ・タ行

・相手がカ行の人の場合
あなたが無意識の内に相手を追い詰めてしまう相性です。自分が良かれと思ってしたことでも、相手からすると非常に辛い行動だったということが多そうです。このタイプには、自分で思う以上に気を遣ってあげたほうが良いでしょう。

・相手がタ行の人の場合
お相手の方から強いプレッシャーを受けやすい相性です。その意識がなくても、お相手の方はあなたを攻撃してくる可能性があります。このタイプには無理に合わせないでマイペースさを保つことが必要でしょう。

エネルギッシュな火のタイプ……ナ・ラ行

・相手がナ行の人の場合
お相手の方の情熱に、あなたが身を焦がすような恋愛をすることになりそうです。ただ、あまりに距離が近すぎると自分が疲れてしまうので、このタイプとは程よい距離感でお付き合いしてくと良いでしょう。あなたの力になってくれるはずです。

・相手がラ行の人の場合
一緒にいられるだけで幸せになれる相性です。お相手の方があなたの良いところを高めてくれますし、そうして活躍していくあなたを見て嬉しく思うでしょう。ただし、自己主張の強い組み合わせなので、お相手の方に対する気遣いが重要になるでしょう。

情に厚い土のタイプ……ア・ヤ行

・相手がア行の人の場合
一緒にいて付き合いやすいタイプです。お相手の方から学ぶところや得るものは多いのですが、反面お相手の方が気疲れしてしまうところがあるようです。そのためこのタイプには、相手にどんなことができているかを考えて付き合うと良いでしょう。

・相手がヤ行の人の場合
正反対の価値観を持った相性のようです。お相手の方の色香に惹かれますが、のんきすぎるところにイライラさせられることも多いでしょう。このタイプとは、はじめから自分とは違うということをわかっていると、お相手の方も心を許し長く付き合えるでしょう。

さっぱり堅実な金のタイプ……サ・ワ行

・相手がサ行の人の場合
お互いに繊細で、相手の気持ちを理解しつつも完全には一致せず、むしろ冷たく接してしまう。ヤマアラシのジレンマのような相性です。このタイプと交流するには、あまり細かいことは気にせず、余裕を持ったつながり方をすると良いでしょう。

・相手がワ行の人の場合
あなたよりも熱い性格を持つお相手の方が、妙に気になるような相性です。しかし、その暑さが少々嫌になってしまうこともありそうです。このタイプには、激情的になっても広い心で受け止めてあげましょう。やがて、お相手の方もあなたに惹かれていくはずです。

柔軟で神秘的な水のタイプ……ハ・マ行

・相手がハ行の人の場合
お相手の方の行動力によって、自分が引っ張られ磨かれていく相性です。よい関係性は築けそうですが、時折考え方の違いでケンカになるかもしれません。このタイプには、あまり自分の気持ちを押し付けすぎないほうが良いでしょう。

・相手がマ行の人の場合
こだわりが強いあなたに対して、様々な方向に興味関心が強いお相手の方。方向性が真逆のようですが、互いに受け入れられればよい相性になります。そのためこのタイプには、子供っぽく思えるお相手のことを、寛大な心で見てあげると良いでしょう。

おわりに

生まれてからずっと呼ばれ続けてきたあなたの名前。もしも一日に100回呼ばれるとしたら、一生のうちで3百万回以上は呼ばれることになります。それくらい日常的で無意識の内に「音の響き」が刷り込まれます。このコトダマ診断を活用してより楽しく素敵な毎日を送ってみてはいかがでしょうか?(草彅健太/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード