陰陽五行で問題解決!恋を実らせるための修復レシピ 夏生まれ編

陰陽五行は2つの考え方と5つのエレメントで説明されます。「陰・陽」は、女性(陰)と男性(陽)がそうであるように、お互いを支え合っている存在です。このバランスがものごとの調和を保つものとするのが「陰・陽」の考え方です。そして五行は木「春」・火「夏」・土「季節の変わり目」・金「秋」・水「冬」の5種で自然現象の四季変化を観察し抽象化されたもの。その思想に根ざして、恋愛トラブルを解決するためのレシピをご紹介。今回は火「夏生まれ」(5月6日~7月20日)の人に向けての恋の修復レシピを伝授しちゃいます!

夏生まれ(5月6日~7月20日)の人の本来の問題点…嫉妬心が強すぎて相手を焼き尽くす

あなたはとても情熱的で、一度好きになるととてものめり込んでしまうタイプ。愛情深いため相手のことをとても大切にすることでしょう。しかし、恋愛熱もラブラブなうちは良いのですが、それが情念の炎に変わった時の凄まじさは相当なもの。あの手この手で相手を追い回し、嫉妬の炎で相手の周りだけでなく、相手さえも焼き尽くしかねません。そんな嫉妬深さがあなたの最大の弱点かもしれません。

夏生まれ(5月6日~7月20日)の人の修復点…嫉妬の炎を消すクールダウンご飯

あなたにとって修復すべきポイントは「嫉妬の炎を消すこと」です。炎上し拡大し続ける山火事のごとく燃え上がる嫉妬心をおさめるには、炎症を取り除く冷たい食べ物で頭と心をクールダウンしましょう。そこで今回は火のエネルギーを癒す食べ物で、恋の修復レシピをご紹介致します。

夏生まれ(5月6日~7月20日)の人の「修復」レシピ

メイン食材…炎症を取り除き、頭と心をクールダウンする「茄子、胡瓜」
レシピ:揚げ茄子と胡瓜の三倍酢

・材料(2人分)
茄子…2本
胡瓜…1本
生姜…1片
油…大3
A  酢…大4
薄口醤油、みりん…各大3

・作り方
1.茄子は縦半分の長さの棒切りにし、油で炒め揚げをする。
2.胡瓜は蛇腹胡瓜にして塩水に放ち、2cm長さに切る。
3.1と2をAで和え、生姜をおろしたものをのせる。

恋の問題解決のための「修復」レシピがもたらす効果

この修復レシピを、「火のエネルギー」を癒したい時に食してみて下さい。熱を下げる食材としては、豚肉、鴨肉などの肉類、はも、なまこ、かに、牡蠣などの魚介類に、なす、きゅうり、トマト、アスパラガスなどの野菜類、その他昆布、のり、わかめ、もずく、スイカ、梨、メロンなどが効果的。弱い傷ついた火のエネルギーを癒すには、苦味が強いものを食する事がポイント。不要な水分排出させ、体内の気を固めることで心身ともに健康になれるはず。あなたが持つ熱意が抑えられ、人間関係のバランスも整えられるでしょう。

おわりに

中国古来の文献には、食べ物の持つ属性が陰陽五行の観点から人体に与える影響について書かれています。薬膳料理などが「身体で弱い部分は、食べて補う」という発想なのと同じということですね。易学研究で有名な陳怡魁(ちんいかい)先生もこの点に注目し、色の重要性を説いているとされます。自分の持つ性質から、自分に必要な栄養を取り入れる、この「開運レシピ」。どうぞ日々の食生活の中に取り入れてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード