ナンパから始まった恋は、うまくいかない?


男女が知り合うきっかけはさまざま。どういう出会いであれ、つきあい始めてからが大事ではないでしょうか。

「つきあうきっかけはナンパだったんです。街で彼に声をかけられて、話してみたら気が合って、実はそのままホテルに行ってしまった。ちょうどそのころ、私、家族のことで悩んでいて、くさくさしていたんですよね。だから彼のナンパに乗ってしまった。
でもその後、彼からつきあおうという話になって。それから4ヶ月くらいつきあっているんだけど、ときどき彼が『他の男と寝てないよね』って。
実は私も彼に対してそう思うことがあるんです。やっぱりナンパからのつきあいってうまくいかないんでしょうか」(23歳=アルバイト)

彼は2歳年上で、今まではフリーターだったそうですが、彼女と知り合ってから正社員の道を探っているそうです。出会いがナンパだとしても、うまくつきあっていく方法はあるのでしょうか。

1.確認しあうことも大事

ナンパとかSNSで知り合ったとか、そういうきっかけは多いようです。
「私はネットで知り合った人とつきあっています。ナンパみたいなものですよね。よく知らないで会ったから。
でも、大事なのはそこからじゃないでしょうか。半年くらいつきあったとき、『他にもネットで知り合った女性と、こんなふうに会ってる?』と聞いたことがあるんです。そうしたら彼、『実はオレもきみに対してそう思ったことがある』って。同じように相手を疑っていたんですね。
私は彼がいる以上、他の男性とふたりきりで会うつもりはない、と断言しました。彼も同じように約束してくれて。それから安心してつきあえるようになりました」(23歳・販売)

不安があったら、お互いに言葉にしてきちんと確認しあったほうがいいのでしょうね。

2.彼の嫉妬が大きくならないうちに話しあう

嫉妬というのは怖いもので、最初のうちは小出しにしているかもしれませんが、自分の嫉妬が肥大して、妄想の域にまで達してしまうことがあります。これは男女問わずあることなのかもしれません。

彼の嫉妬が大きくならないうちに、お互いの気持ちをきちんと話しておいたほうがいいのではないでしょうか。
あなたと知り合って正社員の道を探り始めたということは、彼は結婚を考えているのかもしれません。少なくとも、真剣に交際していこうとする姿勢の表れでは?

3.真剣だからこそ不安になっているのかも

彼は真剣につきあっていこうと思っているからこそ、不安を覚えている可能性もあります。
出会いがナンパだったことを気にする必要はありませんが、お互いに疑心暗鬼になってしまうことはあり得ますよね。

だからこそ、今の段階で、ふたりの気持ちを確認しあい、今を大事につきあっていこうとすることが大事なのではないでしょうか。

4.常に気持ちを伝える努力を

彼が不安になっているなら、彼に対するあなたの気持ちを常に言葉にして伝える努力をしてみてはいかがでしょう。
話すときは目を見つめ合うのも大事。

そして、ふたりであちこち出かけてみたり、同じ映画を見て感想を話し合ったり、お互いをより知る機会をたくさんもちましょう。
そうやって一緒に行動していくうちに、より絆が強くなっていくはずです。

おわりに

出会いはどうでもいいのだと思います。つきあっていくなかで、お互いに心地いい関係でいられるか、一緒にいると楽しいか、何かあったとき自分のことのように親身になれるか。そうやって、ひとつひとつ確認しながら関係を築いていくことが重要です。

いつか、「この人でなければならない」と思える日がくるように、「好き」な気持ちを大事にしてつきあっていけたらいいですね。(亀山早苗/ライター)

(ハウコレ編集部)