2016.01.31

ドキドキさせる4つのテクニック!「映画デート」で男心をつかむ方法

デートと言えば、「映画鑑賞」が真っ先に思い浮かぶという人は少なくないと思います。

まだ付き合っていない相手とも、まずは映画をデートのお誘いに使うというケースも多いでしょう。

そんなときにも使える、「映画デート」で男性をドキッとさせるテクニックを紹介します。

1.いい匂いを身に付ける

「ふんわりと甘いいい匂いがしてくると、映画中もなんだかドキドキしちゃいますね。
あまり映画には集中できなくなっちゃうかもしれないですけどね…」(25歳/飲食)

映画館では、上映中の2時間以上もの間、隣同士でかなり接近している状態になります。
そんなときに、女性からふんわりといい匂いがしてくると、男性は女らしさを感じてしまいます。

ただ、ほんのりと甘い香りがするくらいがベストです。
キツい香水の匂いなどは逆に嫌がられてしまいますし、気分が悪くなってしまう可能性もあるので気をつけてくださいね。

2.ジュースで間接キスをする

「映画を観ている間、一つのジュースを2人で飲むのは、ドキッとしちゃいます。
まだ付き合っていない女の子だったりすると、『間接キスじゃん』って思わずにはいられません」(21歳/学生)

映画を観るときは、ポップコーンなどを2人で分け合いながら食べたりしますよね。ジュースも2本買わずに、1本を2人で飲む形にするのがベストでしょう。

男性は女性よりも「間接キス」に対しての思い入れが強いので、映画を観ながらもドキドキしっ放しになっていると思います。

特に、まだ付き合うまでには至っていない男性の場合には、かなり大きな効果を得られるはずですよ。

3.怖いシーンで手を握る

「怖いシーンが流れた瞬間に手を握られたりすると、確実に胸キュンしちゃいます。
それが目当てで、女性と映画を観るときはホラー系を選ぶことが多いですね」(27歳/営業)

映画館では、暗い中で2人が近距離にいるので、それだけでドキドキ要素はかなり含まれています。
そこにさりげないボディタッチが加われば、もはや最強の状態になると言えるでしょう。

怖いシーンで手を握るのは、ボディタッチ効果はもちろんのこと、か弱くて可愛いといった印象も与えることができます。
色んなドキドキ要素が加わりまくって、男性の頭の中はもうメロメロになっちゃっていることでしょう。

4.キスシーンなどで見つめる

「キスシーンのときに見つめられたことがあって、あれには本当にドキッとしました。
『キスしてってことなのかな?』って、頭の中で妄想が止まりませんでした」(26歳/IT)

映画の上映中に、さりげなくチラッと男性の顔を見つめる。
暗がりの中で、周りの人に気づかれることなくこんなことをされたら、どんな男性だってドギマギしちゃうものです。

キスシーンのときなどに、恥ずかしそうに見つめると、男性の興奮度はMAXに達することでしょうね。

おわりに

映画デートは暗い中で急接近するので、実は男性をドキッとさせることができる可能性も高いです。

暗がりの中でさりげなく“女”を感じさせることができたら、男性は映画どころじゃなくなってしまうはずですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事