陰陽五行で素敵な結婚を掴んで!円満ハッピー婚活レシピ 秋生まれ編

陰陽五行は2つの考え方と5つのエレメントで説明されます。「陰・陽」は、女性(陰)と男性(陽)がそうであるように、お互いを支え合っている存在です。このバランスがものごとの調和を保つものとするのが「陰・陽」の考え方です。そして五行は木「春」・火「夏」・土「季節の変わり目」・金「秋」・水「冬」の5種で自然現象の四季変化を観察し抽象化されたもの。その思想に根ざして、結婚にまっすぐ向かっていくための婚活レシピをご紹介。今回は金「秋生まれ」(8月8日~10月20日)の人に向けて結婚運UPのレシピを伝授しちゃいます!

秋生まれ(8月8日~10月20日)の人が結婚から遠ざかってしまう原因

鋭い感を持ち、何事にも白黒ハッキリつけたがるあなたは、自分にも相手にも厳しくなりすぎる傾向があります。そのため、かかるストレスも相当なもの。イライラしてしまい、それを相手にぶつけてしまうシーンもありそう。そうすると、せっかくしっかりとした物の考え方を持って一生懸命結婚への準備をしてきたのに、感情的になって自分から関係を壊してしまうおそれが。たまったストレスを解消し、気持ち良い新生活に向けて準備することが大事でしょう。

秋生まれ(8月8日~10月20日)の人が婚活する上で必要なエネルギー

あなたは安定しているときは良いのですが、一度バランスを崩すと、自律神経に影響が出てしまいがち。イライラしたり落ち込んだりしてしまうこともあるでしょう。結婚を前にして突然何もかもが無意味に思えるような脱力感に襲われないように、肝臓と胆のうを強める木食を心がけましょう。そこで今回は木のエネルギーを取り込み、肝臓・胆のうを強める食べ物でストレスを解消するレシピをご紹介致します。

秋生まれ(8月8日~10月20日)の人の「婚活」レシピ

メイン食材…肝・胆を強めて自律神経を強化させる「ごま」
ごまのチュイル

・材料(15枚分)
白ごま…100g
バター…20g
砂糖…30g
薄力粉…30g
卵白…1個分

・作り方
1.ボウルに振るいにかけた砂糖と薄力粉を混ぜる。
2.卵白を2.3回に加え混ぜ、溶かしバターを加える。
3.白ごまを混ぜ、冷蔵庫で20分程休ませる。
4.天板にオーブンシートを敷き、塗れたスプーンで円形に広げ170度で20分程焼く。⑤ 熱いうちに麺棒の上にのせて軽く押さえ、形をつける。

円満ハッピーのための「婚活」レシピがもたらす効果

この婚活レシピを、不足しがちな「木のエネルギー」を高めたい時に食してみて下さい。「木」のエネルギーが不足しやすい症状を緩和する食材としては、豚レバー、鶏レバー、鶏卵などの濃厚な肉類、あじ、いわし、さんま、まぐろなどの魚介類に、にんじん、れんこん、ほうれん草、しそなどの野菜類、その他ごま、ひじき、ぶどう、ライチなどが効果的。弱い木のエネルギーを高めるには、酸味のあるものを食する事がポイント。筋肉を縮め体内に水分を蓄えることで美しくなれるはず。あなたの持つ潔さが発揮され、愛する人に魅力が伝わるでしょう。

おわりに

中国古来の文献には、食べ物の持つ属性が陰陽五行の観点から人体に与える影響について書かれています。薬膳料理などが「身体で弱い部分は、食べて補う」という発想なのと同じということですね。易学研究で有名な陳怡魁(ちんいかい)先生もこの点に注目し、色の重要性を説いているとされます。自分の持つ性質から、自分に必要な栄養を取り入れる、この「開運レシピ」。どうぞ日々の食生活の中に取り入れてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード