2016.01.30

『あなたの不安が壁を創りだす?壁の夢でわかるあなたの不安と回避』

夢の中にいると想定してみて下さい…。あなたは小さな空間の中心に、ポツンと1人立ちすくんでいました。まわりを見渡すと、あなたのまわりを取り囲むように、大きな壁が塞いでいます。あなたは、恐る恐るその壁に近づいてみることにしました。さて、あなたはこの大きく立ちはだかる壁の前でどうしましたか・・・?

今回の夢占いは、「壁」がテーマです。壁というものは、内側にいれば安全ですが、外にでようとすれば簡単には乗り越えることができません。このことから壁の夢は、自分自身を守ろうという気持ちと、目の前に立ちはだかる困難や障害を乗り越えたいという気持ちの表れ、ということなのです。それでは、あなたが見た壁の夢の内容から、今伝えられているメッセージと、これからの未来を占ってみましょう。

■ポイント1【壁にヒビが入る夢は、トラブルを引き起こす】

壁にヒビが入る夢をみた場合は、あなたの身の回りでトラブルが起こるという暗示になります。これは、今ある生活が一気に変わり始めると言われており、あなたが日常で抱える不安がトラブルを引き起こしてしまうという危険を教えてくれているのです。このような夢をみたときは、自分は何に対して不安を抱えてしまっているのか、その根本を探り当て、しっかり消化してあげることが、トラブルを回避するための解決策と言えるでしょう。

■ポイント2【壁を乗り越える夢は、目標をクリアする暗示】

壁を乗り越える夢をみた場合は、あなたが掲げ上げた目標をクリアできるという暗示になります。この場合、壁はあなたにとって大きな目標であり、それを越えるための苦労と努力が必要だと感じているという状態です。そのため、夢の中で壁を乗り越える姿は、あなたがその目標を成し遂げられるという、吉夢なのです。夢の中で見た、たくましいあなたのように、果敢に乗り越えていくことが今必要な姿だと教えてくれているのでしょう。

■ポイント3【壁を作る夢は、心の疲れが招く防衛本能】

あなたが壁を作っている夢をみた場合は、他者と関わりを持ちたくないという暗示です。これは精神的な疲れが引き起こしてしまう不安定な気持ちを意味しているのかもしれません。その不安定さから、他者との関係をシャットアウトしまいたいという心の表れでもあります。しかし、ここには、あなた自身の心の防衛本能も働いています。このようなときは、すぐさま無理に社会と関わりを切るより、しっかり休息をとる時間の確保と、自分の好きなことを思う存分楽しみリフレッシュすることが大切。心身を整え、落ち着いて考えればきっと良い方向へと導かれるはずです。

■ポイント4【壁が崩れる夢は、傷ついた心の表れ】

壁が崩れる夢を見たときは、誰かによってプライバシーが侵害されるのではないかという、臆病な気持ちが映しだされています。心の中に残ったままのしこりや傷が、周囲への不安という形で壁に転換され、もうこれ以上傷つきたくないという想いが加速しているのかもしれません。しかし、これは、あなた自身の恐れが招いているもの。誰もあなたを傷つけようとしているわけではなく、悪意や敵意なんて落ちあわせていないのです。それを知ることで、心の傷は自然と癒え、新たな一歩をまた踏み出すことができるでしょう。

おわりに

壁の夢、それはあなたの心の中に存在する「不安」という気持ちが、壁となって夢に映しだされています。基本的にネガティブな要素が強い壁の夢ですが、もし壁を乗り越えられなかった場合は、しっかりその対処法を理解し、間違った方向へ進まないよう注意することが大切です。夢は心からのメッセージです。あなたの無意識化の語りかけをキャッチして日常生活にも活かしてみてくださいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事